日本政策公庫に提出する企業概要書の書き方について説明します│日本政策金融公庫に融資を通す正しい方法

日本政策公庫に提出する企業概要書の書き方について説明します│日本政策金融公庫に融資を通す正しい方法

MENU

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
日本政策金融公庫から融資を断られたあなたへ

企業概要書の書き方

企業概要書をどう書いていくかについて
説明します。

 

 

初めて日本政策公庫に融資の申請をするときには
「企業概要書」を提出する必要があります。

 

企業概要書に記載すべき内容は事業計画書とほぼ同様
であるといえますが、

 

一ヶ所だけ新たに考えなくてはならないことがあるんです。

 

それは「商売の今後の展望や検討課題」についてです。

 

この項目に何を書いていけばいいのかというと

 

「セールスポイント」では自社の強い部分について記入をしましたが、
担当者が「今後の展望や検討課題」で教えてほしいことというのは

 

自社どこが弱くて、その弱点をどのように克服していくつもりなのか

 

ということなのです。

スポンサードリンク


【注目】 日本政策金融公庫から断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。