日本政策金融公庫に融資を通す正しい方法

日本政策金融公庫に融資を通す正しい方法

MENU

 

日本政策金融公庫に融資を通す正しい方法を公開している理由

 

 

なぜ圧倒的大多数の人が

 

日本政策金融公庫からの融資を受けられないのか?

 

融資の申請に失敗してしまうのか?

 

 

日本政策金融公庫は、銀行などの民間の金融機関から
資金を調達することが難しい中小企業や個人事業者に対して融資をすることを目的として
設立されている金融機関です。

 

 

ですから、融資の審査も比較的緩やかですし、
金利が安いという点においてもぜひ利用したほうがいいといえます。

 

また、民間の金融機関から融資を受けることが困難な創業者に対しても融資をしてくれます

 

 

自己資金だけで創業するのと、ほとんどただ同然の利息を払うだけで
その2倍近くの創業資金をもって起業するのとでは、安心感もだんぜん違います。

 

 

では、そのように金利が安いなどのメリットもあり、審査も比較的緩やかなはずの日本政策金融公庫
融資の申請をして融資を断られる人が多いのはなぜなんでしょうか?

 

 

日本政策金融公庫から融資を受けることができない人
が陥ってしまっている行動パターンには共通点があります。

 

その1つが

 

「日本政策金融公庫をなめている」

 

ということです。

 

日本政策金融公庫は政府系の金融機関だから、

 

「誰にでも優しくお金に困っている人に融資してくれる」

 

くらいに考えて窓口に相談に行っています。

 

 

「簡単な書類を提出すればお金を振込んでくれる」

 

くらいに考えて書類を準備しています。

 

日本政策金融公庫がいくら政府系の金融機関だといっても
だれかれかまわずお金を貸しているなどということはありません。

 

とりあえず、この人にお金を貸してみよう
なんて思わないわけです。

 

日本政策金融公庫が融資として貸し出すお金というのは
元はわれわれが収めた税金です。

 

税金を貸し出し、利息をいただくことによって利益を出しています。

 

どこの誰だかわからない人間に大事な税金を貸しました

 

ですが、返ってきません

 

なんてことは日本政策金融公庫は絶対に避けなくてはいけないのです。

 

 

「な〜んだ、結局、融資を受けるのは難しいってことじゃないですか!」

 

とあなたは思うかもしれませんが、いえいえ違います。

 

日本政策金融公庫から融資を受けるのは簡単です。

 

 

にもかかわらず、融資に失敗する人がいるのは結局のところ
たった一つの理由だけなのです。

 

「戦略を間違っていた」

 

これだけです。

 

知らないけどとりあえずやってみた。
知り合いの社長から教えてもらったようにやってみた。

 

それで失敗します。

 

日本政策金融公庫はだれかれかまわず融資をするということはありません。

 

融資をしてもいいと判断した場合にしか融資はしてくれません。

 

ですが、日本政策金融公庫も金融機関です。

 

融資をして、利息をいただくという業種である以上、
必ず誰かには貸さなくていけないのです。

 

日本政策金融公庫は誰かに必ず融資をしなければ成り立たないのです。

 

融資の申請に失敗している人が多くいる一方で

 

日本政策金融公庫から融資を受けている方も大勢いるのです。

 

では、「どのような人」に日本政策金融公庫はお金を貸したいのか?

 

日本政策金融公庫は大事な税金を貸しても大丈夫だと
「どうやって」判断しているのか?

 

それをあなたが知ってしまったらどうですか?

 

あなたは、日本政策金融公庫から融資を受けてほしい人になれます。

 

そのために知っておかなければ話にならないと
思える知識をお教えしようと思います。

 

 

公的融資から開業資金を引っ張る方法
を真剣に知りたい方はこちらをクリックして下さい

 

 

 

日本政策公庫から運転資金の融資を受けたい方は
こちらをクリックして下さい

 

日本政策金融公庫に融資を通す正しい方法

日本政策金融公庫から融資を引き出す正しい方法

 

このホームページの目次を載せておきます。

 

新しい情報については、できるだけ早く提供したいと思っていますので
この目次は、このサイトで提供している情報のほんの一部となります。

 

 

>> あなたのビジネスに資金をかき集める方法
ビジネスを行うもの全員が頭を悩ます資金の調達。あと500万手元に資金があれば・・・
そう思ったことはありませんか?資金の調達を行う方法を分野別に解説。まずは、あなたが資金を調達できる方法、その全体像を頭の中に入れてください。

 

 

>> 政府系金融機関とは何なのか?
あなたのビジネスが民間の金融機関(銀行など)が融資をしないような案件であっても、融資をしてくれるありがたい国の機関があります。政府系金融機関の種類とあなたが政府系金融機関を利用するメリットについて詳細に解説します。

 

 

>> 日本政策金融公庫を正しく理解し利用する方法
ビジネスをやっている人であれば一度は聞いたことがある「こっきん」という言葉。しかし多くの人はそれが何を意味しているかよく理解できていません。本当の名称は日本政策金融公庫(略称で日本公庫)というのですが、日本公庫とは何なのか、どのように利用するべき機関なのかを徹底解説。この本質を理解することによって資金調達に困らない1割の社長になることができます

 

 

>> 商工組合中央金庫という謎の機関
一部の社長だけが知っていて賢く利用している商工組合中央金庫について紹介。あなたのビジネスが急拡大した際にはぜひとも利用したい政府系金融機関だと思います。略して商工中金というのですが、ここについて知っているのといないのでは資金調達額に雲泥の差が出ることになります。

 

 

>> 国がばらまいているお金をあなたのビジネスに賢く利用する方法
国は若者の企業を応援します、女性の社会進出を応援します、といったアピールのために実はお金をばらまいています。手続きがめんどくさいのであまりお勧めはしませんが、ボーナスと思って、いただいておくのも賢い利用方法かもしれません。ほとんどの人が知らない助成金と補助金の違い、助成金の種類、起業時にもらえる助成金について紹介します。

 

 

>> 日本政策金融公庫から融資を受けるのは簡単なのか?の真実
日本政策金融公庫から融資を受けるのは楽勝です。ただし一部の人に限ります。楽勝で借りられるはずの日本政策金融公庫の融資に失敗する人の共通点を紹介し、あなたがその理由を逆手に取って楽勝で融資を受けるための方法をステップバイステップで解説。

 

 

>> 日本公庫の審査の基準を丸裸にして解説
日本公庫の審査の基準は公表されません。これまで実際に融資を申し込み融資を見事に勝ち取った方々の情報から逆算するしかありません。現場で行われている審査の基準を推測しそれをポイントにまとめた上で公開します。

 

>> 融資を申し込む時期によって成功率は変わるのか?
日本政策金融公庫にいつ申し込むかによって成功率が変わる?これは事実です。あなたがいつ申し込みをすれば一番成功率が高くなるのか?それを明快な理由とともに説明します。

 

 

>> 日本政策金融公庫の担当者に嫌われ融資を断られる簡単な方法
あなたが日本政策金融公庫に融資を断られる簡単な方法があります。たった一つのことをすればいいだけなのです。あなたに知っておいてほしいのは嫌われる方法ではなく、このことを逆手に取り担当者にいい印象を持ってもらう方法なのです。知ってしまえば当たり前のことなのですが、多くの人が無意識にこれをやってしまい融資に失敗しています。

 

 

>> 日本公庫の融資手続きはどのように進むのか?
日本政策金融公庫の融資は申し込みからあなたの口座に入金があるまでどのように進んでいくのか?これを時系列順に説明します。融資手続きの全体像を今のうちから頭の中に入れておくことで融資成功のイメージを明確にしておいてください。成功率が格段に変わってきます。

 

 

>> あなたはどの制度を使えば融資が受けやすいのか?
数えきれないほどの融資制度がある日本政策金融公庫なのですが、あなたはその中のどの制度を使えばいいのか?代表的な融資制度を私が選び出し、それぞれの特徴とあなたが選ぶべき基準を提供します。どの制度で申請すべきか、迷うことなくこの場で決めてください。

 

 

>> 生活衛生貸付という少し特殊な融資制度
飲食店や美容院を始めたいですか?それならば、少し注意してこの話を聞いてください。飲食店や美容院の融資手続きは少し特別な手続きを踏む必要があります。心配いりません。わかりやすく説明しておきました。

 

 

>> 会社を作ったほうが融資は通りやすいのか?
会社を作ってから融資を申し込めばいいのか、融資を申し込んでから会社を作ればいいのかわからずに悩んでいますか?もっと知りたいのは会社を作った方が融資を受けやすいかどうかだろうと思います。日本政策金融公庫の融資申請と会社設立との関係について懇切丁寧に解説。

 

 

⇒ 公的融資の最新情報は常にアップデートしていきます

 

 

>> 会社設立と自己資金の関係
会社を設立すると自己資金はどのように判断されるのか?資本金の額なのか、今会社の預金通帳に入っている現金額なのか。
実は、ここにこそ会社を作って起業する場合と作らない場合どちらが融資の実行可能生が高くなるのかという疑問に対する明確な答えが隠されています。

 

 

>> あなたに担保がない場合にとるべき融資アプローチ
担保がなくて悩んでいますか?担保がなかったとしても申し込める融資制度について解説。当然あなたの信用情報のみで融資をすることになるため様々な条件があるのですがそれを丁寧に一つずつ説明していきます。

 

 

>> 親から借りた金は自己資金になるのか?
多くの人が悩むのはどのお金が自己資金になり自己資金にならないかです。おじさんからもらったお金は自己資金になるのか、おばあさんから出資してもらったお金は自己資金になるのか、これら複雑なケースであってもすぐに自己資金かどうか判断できる基準を公開。

 

 

>> 今月末を乗り切るお金を引っ張る方法
事業に必要な手元に持っているお金のことを運転資金といいます。運転資金の融資を受けることは設備資金として融資を受ける場合に比べ難しいと言われていますが、それはなぜなのか?難しいといわれる運転資金の融資を簡単に引っ張る方法を明快に解説します。3つだけ気をつけて日本政策金融公庫に申し込めばいいだけです

 

 

>> 不動産投資で日本政策金融公庫から融資を引っ張る方法
不動産を購入する資金を日本政策金融公庫から借りることができるのか?私は不動産投資は勧めていませんが、あなたが不動産投資で拡大していきたいと考えている場合には、この不動産投資における日本政策金融公庫を利用できる場面を知っておけばもっと楽に拡大計画を立てることができるでしょう。

 

 

>> 中小企業事業に乗り換えるタイミング
あなたも初めは日本政策金融公庫の国民生活事業から融資を受けて事業をスタートすることになりますが、事業を続けていると国民生活事業からの資金調達では足りなくなり中小企業事業から資金調達をしなければならない時期が来ます。では、いつ乗り換えればいいのか?これはある一つの基準だけで判断すればいいのですが、その指標を公開します。

 

 

>> 農林漁業事業で融資を受ける際の注意点
これらの事業をされている方々はほとんどの場合、地元のJAから資金を調達していると思います。日本政策金融公庫の農林漁業事業の融資制度を併用することで資金繰りが断然楽になるその理由と取引を始める際の注意点。それを全て徹底解説。

 

 

>> なぜ事業計画書で融資の成功率が変わるのか?
融資に通る人と通らない人の決定的な差は事業計画書の完成度の高さにあります。なぜ、子供の作文のような事業計画書では融資に通らないのか、それを公庫の組織の特性からわかりやすく説明していきます。

 

 

>> 創業の目的欄を書く際の具体的なステップ
事業計画書を書く際に最初に筆が止まるあなたの創業の目的欄、それを簡単に埋める具体的なステップ。担当者を一撃で納得させ、あなたの事業を応援したくさせる書き方を公開。決して、「リストラされたからしょうがなくラーメン屋でも始めようと思います」なんて書いてはいけません。

 

 

>> 事業経験の書き方
あなたが事業を始めたとして成功しそうかどうかの印象を左右する「あなたの事業経験」。事業計画書において重要なのはあなたのビジネスが成功するかどうかではなく、「成功しそうかどうか」だけなのです。担当者に十分な技能があると「錯覚させる」事業経験の書き方を具体的に説明します。

 

 

>> 担当者がすぐ理解できるセールスポイント書き方
自分がセールスポイトだと思い込んでいるものは、実は公庫の担当者から見ればセールスポイントではない場合がほとんどです。公庫の担当者が一瞬で理解でき、同じ業種の事業計画書と確実に「差別化」できるセールスポイントの表現方法を紹介します。

 

 

>> 販売先、仕入れ先にはどこまでを記載すればいいのか
予定はあくまで予定です。しかし、今の段階の事業計画書にはどこまでを予測して販売先、仕入れ先を書いておけばいいのか?漠然とせず、担当者に信憑性を持ってもらえる記載方法を紹介。

 

 

>> あなたの商品を一発でわからせる商品の紹介の仕方
あなたの商品が特殊で良さがわかりにくいですか?では、このステップ分析をして商品を紹介してください。分かりにくいサービスを一言で伝える取扱商品、サービスの記載方法を教えます。

 

 

>> あなたの事業はいくら儲かるのか?
当然自信があることと思います。しかしながらあなたが儲かると書けば書くほど担当者はその数字を疑いはじめます。十分な利益で月々の返済分を確保しつつ、儲かることを担当者が自然に信じてしまう売上げ予測の記載方法を詳細に解説。

 

 

>> 日本政策金融公庫に貸してくれと言っていい資金といけない資金
あなたが必要だと思っている金額は日本政策金融公庫からは必要ないとみなされるかもしれません。減額融資にならないための必須項目「必要な資金と調達の方法」欄の書き方を紹介。間違ってもここに必要ない記載をしないでください。あなたの希望融資額が減らされるかもしれません。

 

 

>>企業概要書を書かせることで公庫が知りたいこととは?
公庫は企業概要書を書かせることで、はあなたの会社の自己紹介を求めているわけではありません。日本政策金融公庫が企業概要書の内容から本当に知りたい情報とそれをあなたが「正しく」記載していくことで融資の成功率を格段に上げる方法

 

 

>> 融資に事業計画書はいらない?
日本政策金融公庫の融資の審査「究極の状態」を公開します。公庫の融資が緩いという本当の意味とどの程度緩くなるのかその実例を紹介。事業計画書はいらない、面談に行く必要もないという究極に融資の審査基準が緩くなる状態になるために必要な「たった一つの条件」とは?私がこのサイトを通じてあなたに伝えたいことはこれなのです。経営者が資金繰りから解放される唯一の方法

 

 

>> 制度融資とは何なのか?
制度融資とは公的融資の一種なのですが、一体何なのか?日本政策金融公庫の融資と比べてどちらが通りやすいのか?融資金額はどちらが大きいのか?すべてをあなたが理解できるように制度融資の構造と「設計図」という本質から説明していきます。

 

 

>> 制度融資の具体的な引き出し方
制度融資を使いあなたの会社の銀行口座に融資が入金されるまでの具体的な手順をステップバイステップで解説。あなたが、つまづくであろう段差を事前に教え、それを軽やかにかわしていく方法。事前にこれらの情報を知っておくことであなたが制度融資を受けるまでの期間を4分の1は短縮できるでしょう。

 

 

>> 信用保証協会というよくわからない組織
信用保証協会というのは、中小企業の生命線を握る重要な公的機関であるにも関わらず、はっきりとその仕組みを理解できている経営者はほぼいません。中小企業がもう一段階上のステージに行くために理解しておかなければならない信用保証協会という組織の「本当の存在意義」とその攻略法

 

 

>> 信用保証協会を利用する本当のメリット
日本政策金融公庫から融資を受けられれば、信用保証協会と取引をする必要はないのか?これは残念ながら答えはNOです。日本政策金融公庫から融資を受けていたとしても、信用保証協会と取引をしておいた方がいいのです。公的融資の中でも少し面倒くさいが、長期的に見ると信用保証協会と付き合っておいた方がいいと言える「信用保証協会を利用する本当のメリット」について解説。

 

 

>> 信用保証協会を利用できる人、利用できない人
日本政策金融公庫の際もそうでしたが、公的融資は利用できる人がいる一方で利用できない人がいることはあなたもご存知の通りです。では、信用保証協会はどのような人が利用できて、どのような人が利用できないのか。中学校1年生が理解できるほど分かりやすい判断基準で解説。

 

 

>> 日本政策金融公庫から融資を引き出す4つの技術
日本政策金融公庫から融資を出してもらうには、単純な話、4つのポイントを押さえておけばいいだけです。いろいろな情報があふれている今の時代という特殊な環境にいるあなたはいろんな情報に振り回され、結局何が正しいのか分からなくなっているはずです。まずは、いったん今まで仕入れた情報を忘れて、この4つのポイントに絞って融資申請の準備をしてみてください。

 

更新履歴