制度融資について解説をしています│日本政策金融公庫に融資を通す正しい方法

制度融資について解説をしています│日本政策金融公庫に融資を通す正しい方法

MENU

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
日本政策金融公庫から融資を断られたあなたへ

制度融資とは

制度融資とは、各地方自治体が行っている事業資金の融資あっせんのことをいいます。

 

各都道府県、市町村でその地域の中小企業に対して行っている融資のことです。

 

この制度融資の特徴を一言で言うと

 

@各地方公共団体によってその内容は異なる

 

A日本政策金融公庫に負けないほどの低利で融資が受けられる

 

の2点にあります。

 

このような利点のある制度融資ですが、
どのような仕組みになっているのでしょうか?

 

制度融資は各自治体が設けている融資制度ですので
その内容も各都道府県などの自治体ごとに違うものになっています。

 

しかし、実は各自治体が融資を行うものではありません。

 

各都道府県が指定している「取扱金融機関」
(銀行など)から融資を受けるということになります。

 

 

通常の銀行などからの融資と異なる点は、
各都道府県が取扱金融機関に対して預託金を預けていて、
この資金が融資に回される点です。

 

 

すなわち、各地方公共団体の支援があるということによって
同じ銀行などからの融資だとしても

 

金利が安く設定されている

 

中小企業に対して積極的に融資を行う

 

という融資になっているのです。

 

この制度融資は各地方公共団体によって、融資を受けるための要件が異なりますし、
特別な条件が必要な場合もあります。

 

 

ここでは、各地方公共団体の制度融資に共通する一般的な条件を紹介しておきます。

 

 

@中小企業者であること

 

A融資を受ける地方自治体の地域内で一定期間事業を営んでいること

 

B税金を納付していること

 

C過去に融資を受けたり、保証人になったりしている場合にはその返済に延滞等の事故がないこと

 

D許認可が必要な業種の場合には、その許認可を受けていること

 

 

このように、制度融資を受けるための要件は事業を行っている方であれば、
満たしているような条件が多いといえます。

 

低利で、新規開業者や中小企業を経営されている方でも
融資を受けることができる制度ですので是非検討してみることをお勧めします。

スポンサードリンク


【注目】 日本政策金融公庫から断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。