日本公庫融資の手続きについて順を追って解説していきます│日本政策金融公庫に融資を通す正しい方法

日本公庫融資の手続きについて順を追って解説していきます│日本政策金融公庫に融資を通す正しい方法

MENU

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
日本政策金融公庫から融資を断られたあなたへ

日本公庫の融資手続きと期間の解説

日本公庫の融資について、融資を受けるまでの手続きを簡単に説明しておきます。

 

 

相談   

 

・最寄の日本公庫の支店窓口に相談に行きましょう
・このときに申込書や開業計画書などをもらってきます

 

  ↓

 

書類の作成

 

・申込書や開業計画書などを作成することになります
・都道府県知事の「推薦書」が必要な制度を利用する場合は
 申し込む必要があります

 

  ↓

 

申し込み 

 

・作成した書類を添付して日本公庫に融資の申し込みをします
・申し込みは持参、郵送、ホームページからでもできます

 

  ↓

 

面談 ・申し込みから1〜2週間後に面談が行われます
    ・原則として各支店にて行われます
    ・飲食業や工場の場合は現場を見に来る場合もあります。

 

  ↓

 

融資の決定

 

1〜2週間後に融資の決定がなされます

 

  ↓

 

融資契約

 

・融資が決まると契約書が送付されるので、記入し日本公庫の窓口で手続きをします

 

  ↓

 

融資実行

 

・融資金は金融機関の口座へ振込まれることになります

 

以上のように順調にいけば相談から約1ヶ月で融資を受けられます

 

 

 

スポンサードリンク


【注目】 日本政策金融公庫から断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。