日本政策金融公庫に関するよくある質問に答えます│日本政策金融公庫に融資を通す正しい方法

日本政策金融公庫に関するよくある質問に答えます│日本政策金融公庫に融資を通す正しい方法

MENU

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
日本政策金融公庫から融資を断られたあなたへ

日本政策金融公庫に関するよくある質問

日本政策金融公庫の融資を受けようと考えていますが、

無担の制度はありますか?

はい、あります。

 

しかしながら他の制度に比べると、条件が非常に厳しいです。

 

担保無しでお金を貸してほしいというケースですので
当たり前だとは思いますが。

 

特に自己資金に関しては非常に厳しくチェックされます

 

事前によく確認して準備をすることをお勧めします。

 

日本政策金融公庫の融資制度と制度融資の両方を利用する事はできますか?

できます。

 

あなたのなされる業種によっては、
日本政策金融公庫の融資額だけでは足りないといった場合
もあるでしょう。

 

そのような場合にはいくつかの融資を上手く利用しましょう。

 

日本政策金融公庫の融資は申請してから

どれくらいでお金が入金されますか?

もちろんケースによって期間に違いはありますが、
順調にいけば、約1ヶ月〜1ヶ月半位で実行されて、
口座に入金されることになります。

 

自己資金はいくら必要ですか?

事業資金の2分の1位は用意しておいたほうがいいといえます。

 

すなわち、あなたが事業を始める際に1000万円が必要だとすると
2分の1である500万円を自己資金として用意しておいた方が
いいということです。

 

わかりやすくいうと500万円の融資を受けたければ
自己資金として500万円を準備しておく必要があるということです。

 

もちろん、これは原則論であって自己資金以外のことも含めて
総合的に判断されますから
必ずしも2分の1が必要であるというわけではありません。

 

会社を設立するにあたり融資を申請しようと思いますが、

いつ頃がいいですか?

会社設立直後の方がいいといえます。
設立したあとでしばらくして融資の申請をする場合には

 

業績が悪くなり資金繰りができなくなって
融資を申請してきた経営者とみられる場合が多いのです。

 

当然、1年で売上が上がり、事業を拡大したいと思い
申請するケースもあるんですが。

 

この場合は、事業を開始してからの実績が出てしまっているので
実績を元に判断されることになりますが

 

事業開始前ならまだ実績は出ていないので、
創業計画書の数字が判断基準になります。

 

そういった意味でも起業時のほうが借りやすいと言えます。

 

但し、融資の申込みは会社の設立登記後になります。

 

また、許認可が必要な事業の場合、
許認可を受けてから融資の申請をするのが原則です。

 

これから起業される方は設立の時期と融資の申請時期を考えて
準備をすることをお勧めします。

スポンサードリンク


【注目】 日本政策金融公庫から断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。