日本政策金融公庫に提出する事業計画書の中のセールスポイントの書き方│日本政策金融公庫に融資を通す正しい方法

日本政策金融公庫に提出する事業計画書の中のセールスポイントの書き方│日本政策金融公庫に融資を通す正しい方法

MENU

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
日本政策金融公庫から融資を断られたあなたへ

セールスポイントの書き方

事業計画書を作成していく中で「セールスポイント」をどう書いていくか
について説明していきます。

 

ここでは、同じようなサービスや商品を取り扱っている他の企業と比べて
自社の商品・サービスがどのように勝っているかについて説明していくことになります。

 

そしてこの「セールスポイント」の欄における具体的な書き方の注意点は、

 

可能な限り客観的データをもとにして書いていく」ということです。

 

一般的に融資の担当者というのは、数字が好きな方が多いです。

 

そして、客観的な裏づけのない

 

「優れた」

 

「初めての」

 

といった抽象的な言葉はあまり好まないのです。

 

とはいっても、日本政策金融公庫の事業計画書は
「セールスポイント」を書くスペースが狭いので、

 

客観的な数字を入れながら表現するのはなかなか難しいと思いますが、

 

できる限り抽象的な表現を使わず客観的な数字を入れながら説明できればいいでしょう。

 

スポンサードリンク


【注目】 日本政策金融公庫から断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。