信用保証協会は誰でも利用できるのか?について説明します│日本政策金融公庫に融資を通す正しい方法

信用保証協会は誰でも利用できるのか?について説明します│日本政策金融公庫に融資を通す正しい方法

MENU

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
日本政策金融公庫から融資を断られたあなたへ

信用保証協会は誰でも利用できるのか?

「私には保証人に立ってくれる人はいません。

 

 だから信用保証協会を利用しようして融資を受けようと思います」

 

確かに基本的には、そうなります。

 

ですが、現実はそう甘くありません。

 

金融機関から融資を受ける場合、信用保証協会が連帯保証人になってくれるのですが、
実は、信用保証協会に対して保証人を立てなければならない場合があるんです。

 

最近では、遅延債権の増加等により、赤字の信用保証協会もあります。

 

このような状況の中で、信用保証協会も貸し倒れが発生した場合のことを考えて、

 

担保や保証人を要求してくるケースも多いのです。

 

ですので、信用保証協会というものは、

 

保証人がいない人のための公的機関と考えるのではなく、

 

まだあまり信用力がないような中小企業や創業者の

 

信用力を補う機関と考えておいたほうがいいです。

 

それでも、信用保証協会を利用するメリットは大きいですので、
資金調達を考える場合には最低限の知識は持っておくようにしましょう。

スポンサードリンク


【注目】 日本政策金融公庫から断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。