日本政策金融公庫に提出する創業計画書の事業経験の書き方│日本政策金融公庫に融資を通す正しい方法

日本政策金融公庫に提出する創業計画書の事業経験の書き方│日本政策金融公庫に融資を通す正しい方法

MENU

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
日本政策金融公庫から融資を断られたあなたへ

事業経験の書き方

次に、創業計画書の中の「事業経験」の欄ををどう書いていくかについてですが、

 

これから起こす事業についてのあなたの経験値などを
これまでの勤務先・所属部署・経験年数などを通じて説明していくことになります。

 

また、事業の経験だけでなく関連する資格や今まで培ってきた人脈など、
事業成功の可能性をもってもらえそうな事項についてはもれなく記入していきましょう。

 

大事な点は、

 

『開業の目的・動機』の欄では

 

その事業にニーズがあることを記入していきましたが

 

『事業経験』の欄では、

 

その事業を自分が行えば経験・知識の面で順調にいくはずだ

 

ということを説明してくことです。

スポンサードリンク


【注目】 日本政策金融公庫から断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。