生活衛生貸付を申請する際の注意点について解説します│日本政策金融公庫に融資を通す正しい方法

生活衛生貸付を申請する際の注意点について解説します│日本政策金融公庫に融資を通す正しい方法

MENU

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
日本政策金融公庫から融資を断られたあなたへ

生活衛生貸付を申請する際の注意点

生活衛生関係営業で融資申請する場合

 

この場合には、通常の業種と比べ融資の申請方法が若干異なります。

 

まず、「設備資金」の融資を申請する場合に申し込む窓口が

 

日本政策金融公庫でなく

 

生活衛生営業指導センター

 

ということになります。

 

これは、申請を出す窓口が生活衛生営業指導センターであるというだけで、
あくまで、融資の可否を判断するのは日本政策金融公庫なんですが。

 

また、提出しなければならない書類についても若干変わってきます。

 

通常の融資申請であれば

 

借入申込書
事業計画書
見積書

 

の3つを提出すればいいのですが、生活衛生関係営業の場合は
この3つに加えて

 

不動産賃貸借契約書店舗の見取り図の2つが必要になります。

 

このように生活衛生営業で開業しようとしている方は
少々融資申請の手続きが変わってくることになりますので
事前に十分調べておく必要があるでしょう。

スポンサードリンク


【注目】 日本政策金融公庫から断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。