助成金の種類について詳しく解説します│日本政策金融公庫に融資を通す正しい方法

助成金の種類について詳しく解説します│日本政策金融公庫に融資を通す正しい方法

MENU

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
日本政策金融公庫から融資を断られたあなたへ

助成金の種類について

助成金の種類には大きく分けて2種類があります。

 

厚生労働省のものと経済産業省系のものの2つです。

 

厚生労働省系の助成金というのは主に

 

人材等に関する助成金

 

すなわち、人を雇ったりする場合に助成してくれるものになります。

 

これに対して

 

経済産業省系の助成金というのは

 

技術開発や研究開発に関して助成してくれるものです。

 

 

このように大きく助成金には2種類があるのですが、
どこが違うのかというと

 

支給する対象が違う
(人材に関してか研究に対してか)

 

難易度が違う
(経済産業省系のものが難しい)

 

という点にあります。

 

経済産業省系の助成金というのは「技術開発や、研究開発をしたい」といえば
助成してくれるものではなく、様々な申請書類を提出して、厳重な審査を通らなければなりません。
それで申請に通るのは10%程度、厳しいものになると5%程度といわれています。

 

これに対して、厚生労働省系の助成金はもちろん条件は厳しいのですが、
条件さえきちんと満たしていればまず、支給がされます。

 

ですので、厚生労働省系の助成金に関しては事前の準備をしっかりしておけば、まずもらえるものといえますので

 

もらわなければ損

 

といってもいいでしょう。

 

これから事業を始めようという方は必ず自分の始める業種について

 

どのような助成金の制度があるのか?

 

助成金の支給される条件は何なのか?

 

ということを調べておくといいと思います。

 

なかでも、これから起業する人にとっては絶対に検討をしておかなければならない助成金としては

 

受給資格者創業支援助成金

 

というものがあります。

 

ぜひ検討していただきたいと思います。

スポンサードリンク


【注目】 日本政策金融公庫から断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。