政府系金融機関の種類について、具体例をあげて解説│日本政策金融公庫に融資を通す正しい方法

政府系金融機関の種類について、具体例をあげて解説│日本政策金融公庫に融資を通す正しい方法

MENU

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
日本政策金融公庫から融資を断られたあなたへ

政府系金融機関の種類

政府系金融機関と言われる、いわゆる公庫と
呼ばれる金融機関の名前や関係がよくわからない
といった質問を受けることがあります。

 

中には、

 

「国民生活金融公庫から500万円借りて

 

 日本政策金融公庫からも500万円借りることは出来ますか?」

 

などの質問が来ることもあります。

 

まず、少し整理したいのですが、平成20年まで
公庫など名のつく政府系金融機関は8つ存在して
いました。

 

1.国民生活金融公庫

 

2.中小企業金融公庫

 

3.農林漁業金融公庫

 

4.国際協力銀行

 

5.沖縄振興開発金融公庫

 

6.商工組合中央金庫

 

7.日本政策投資銀行

 

8.公営企業金融公庫

 

の8つです。

 

このうち、国民生活金融公庫と中小企業金融公庫、
農林漁業金融公庫、国際協力銀行を合体させたものが

 

日本政策金融公庫

 

になります。

 

 

要するに、存在していた政府系金融機関のうち5つを
合体させて、株式会社にしたものが日本政策金融公庫
ということです。

 

公営企業金融公庫は廃止されました。

 

商工組合中央金庫は株式会社化され

 

日本政策投資銀行も株式会社化されました。

 

すなわち、今日本にある政府系金融機関は

 

 

1.日本政策金融公庫

 

2.商工組合中央金庫

 

3.日本政策投資銀行

 

4.沖縄振興開発金融公庫

 

の4つということになります。

 

形態は公庫でなく3つは株式会社で
沖縄振興開発金融公庫だけが公庫という特殊法人のままです。

 

ただ、全ての株は国が依然として持っているため
3つとも政府系金融機関であることは、変わっていません。

 

このサイトでは、便宜上、日本政策金融公庫の国民生活事業のことを
日本政策金融公庫(日本公庫)と呼んでいくことにしていますが

 

 

ここで最初の話に戻ると
実際は、国民生活金融公庫はなくなっており
(統合されたので)

 

今あるのは日本政策金融公庫だけです。

 

ですので、

 

「国民生活金融公庫から500万円借りて

 

 日本政策金融公庫からも500万円借りることは出来ますか?」

 

というのは出来ません。

 

 

ちなみに、あまり言うと問題ありますが
沖縄振興開発金融公庫は

 

日本政策金融公庫と比べものにならないほど
融資が出やすいです。

スポンサードリンク


【注目】 日本政策金融公庫から断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。