会社設立後の自己資金額はどうなるのか、について解説しています│日本政策金融公庫に融資を通す正しい方法

会社設立後の自己資金額はどうなるのか、について解説しています│日本政策金融公庫に融資を通す正しい方法

MENU

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
日本政策金融公庫から融資を断られたあなたへ

会社設立後の自己資金額

会社設立をしてから融資の申請をする場合に

 

自己資金として申請する額は何の金額を計上すればいいのか?

 

についてですが、

 

会社設立して融資の申請をする場合には

 

もちろんその時点での会社の預金通帳に記載されている
預金残高が自己資金であるということになります。

 

しかし、資本金をもって自己資金と判断してくれる場合もあるのです。

 

例えば「資本金500万で会社を設立したのだが、
その後の設備の購入や経費の支出などで
現在の預金残高は200万円しかない」という場合であっても、

 

資本金500万円をもって自己資金と判断してくれれば、
自己資金500万円として日本政策金融公庫に融資の申請をすることが
可能になるわけです。

 

この場合のポイントは

 

領収書

 

を取ってあるか?という点になります。

 

スポンサードリンク


【注目】 日本政策金融公庫から断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。