日本政策公庫が最も嫌うことについて解説します│日本政策金融公庫に融資を通す正しい方法

日本政策公庫が最も嫌うことについて解説します│日本政策金融公庫に融資を通す正しい方法

MENU

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
日本政策金融公庫から融資を断られたあなたへ

日本政策公庫が最も嫌うこととは?

日本政策公庫が最も嫌うことを1つだけあげるとすると

 

 

 

 

それは

 

 

 

 

ウソ

 

です。

 

日本政策公庫のみならず、金融機関が最も嫌うことは嘘をつくことなのです。

 

これは、一般人の人でもそうだと思いますが、
特に金融機関、融資の場面で嘘をついてしまうというのは
ばれたときに心象が最悪になります。

 

だからといって
必要ないことまで話さなくてもいいのですが、

 

もしも嘘がばれたときは将来にわたって
間違いなく融資は実行されません。

 

積極的に嘘をついてはいけないという話なのです。

 

 

その典型的な例が「見せ金」の問題です。

 

自己資金が多いほうが融資は実行されやすいですし、融資額も大きくなります。

 

そこで、他から調達してきたお金を自分のお金ということにして
自己資金に加えることを見せ金といいます。

 

例えば、自己資金がないからいったんどこかから200万円くらい借りてきて
通帳に入れておきます。

 

そして、日本政策公庫の面談が終わった後で通帳からお金を引き出して
200万円を返済するといった行為です。

 

これは、絶対にやってはいけません。

 

 

通常、自己資金の確認は銀行の預金通帳をもってなされますが、
自分でためた現金のことを自己資金と判断することになります。

 

その通帳中に出所の不明な金額がいきなり登場すれば、
自己資金として認めてくれないでしょうし、

 

最悪「見せ金」と判断されることになります。

 

 

当たり前の話なのですが、
日本政策公庫の担当者はプロです。

 

一時的にどこからか調達してきたお金で自己資金を膨らましたとしても
気づかないわけはないのです。

 

見せ金という行為は日本政策公庫の担当者の信頼を裏切る行為です。

 

ですから見せ金がばれた後で

 

だまそうとした相手を、もう一度信頼してお金を融資してあげるなんてことはありません。

 

最悪の場合、融資を受けることのできない事業として続けていくしかなくなってしまうのです。

 

スポンサードリンク


【注目】 日本政策金融公庫から断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。