日本公庫からの融資は受けやすいのか? について解説します│日本政策金融公庫に融資を通す正しい方法

日本公庫からの融資は受けやすいのか? について解説します│日本政策金融公庫に融資を通す正しい方法

MENU

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
日本政策金融公庫から融資を断られたあなたへ

日本公庫からの融資は受けやすいのか?

「日本公庫は政府系金融機関だから融資が受けやすいのですか?」

 

 

日本公庫というとあたかも簡単に、
誰でも融資を受けられるような
間違った認識をもたれている方がいます。

 

もちろんそんなことはありません。

 

新規開業者や、経営上困っている事業者にでも
低利で融資をしてくれるというありがたい存在なのですが、

 

どんな会社にも見境なしに貸してくれるわけではありません。

 

当たり前の話ですが、日本公庫も金融機関である以上、
失敗しそうな事業に融資をしたりしません。

 

返してくれそうにない人に融資をするなどということはないのです。

 

まして、日本公庫融資してくれるお金というのは、もとは国民の税金です。

 

日本公庫融資をするということは

 

一個人の事業のために大切な税金を投入するわけですから、

 

むやみやたらに融資するわけにはいかないのです。

 

国民の税金を貸すわけですから、それ相応の厳しい審査をします

 

その部分の意識を間違うと日本公庫に対して、「不誠実な人」ととられかねません。

 

最悪の場合、融資を断られるといったことにもなります。

 

日本公庫の審査を通るのは決して簡単ではないという意識を持って融資の準備を進めていきましょう。

 

 

スポンサードリンク


【注目】 日本政策金融公庫から断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。