日本金融公庫に融資を申請するベストタイミングについて詳しく解説します│日本政策金融公庫に融資を通す正しい方法

日本金融公庫に融資を申請するベストタイミングについて詳しく解説します│日本政策金融公庫に融資を通す正しい方法

MENU

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
日本政策金融公庫から融資を断られたあなたへ

日本金融公庫に融資を申請するベストタイミング

日本金融公庫に融資を申し込むとしたらいつが一番いいのでしょうか?

 

当面は自己資金や親族からの借り入れで事業資金はまかなえるから

 

融資はお金が必要になった時に借りればいい

 

それもひとつの考えです。

 

しかし、日本金融公庫のような政府系金融機関の場合には、

 

同じ会社であったとしても

 

いつ申請をするのか?

 

によって、融資の結果が大きく変わることがあります。

 

それでは、融資の申請が通りやすいやすいのはいつなのでしょうか?

 

それは

 

創業したとき

 

なのです。

 

創業時にはこれから行う事業がどのようになるかは誰にもわかりません。

 

どんなに立派な事業計画書があろうと、
自己資金が十分にあろうとうまくいくかはわからないのです。

 

うまくいく・うまくいかないとも断言できない状態なのです。

 

ですが、事業を開始して数年もすれば、
その事業にはハッキリとした実績が出ることになります。

 

結果がでてしまっているので、
融資を行うかどうかを判断する場合に

 

その実績を含めて考えなければならなくなるのです。

 

事業自体がうまくいっているのであれば問題ないでしょうが、
あまり思わしくない場合には、融資してもらうのは難しいといえます。

 

無理して、創業時に借りる必要はありませんが、
将来的に融資が必要なことがはっきりとしている場合には、
検討しておいたほうがいいといえます。

スポンサードリンク


【注目】 日本政策金融公庫から断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。