ビジネスの目的

ビジネスの目的

MENU

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
日本政策金融公庫から融資を断られたあなたへ

ビジネスの目的

 

ビジネスとは売り上げを上げることではありません。

 

定義を書くと色々あります。

 

人の役に立つことだ。

 

困っている人を助けることだ。

 

売り上げを上げることだ。

 

とか。

 

 

ですが、本質じゃない。

 

そういう面は確かにあるし、
売り上げが上がっていけば融資においては
資金調達がしやすい、という面もあります。

 

 

ですが、違う。

 

 

完全私見ですが、参考になると思います。

 

 

ビジネスとは、手元の現金を増やすゲーム

 

 

です。

 

 

先月末より、現金が増えていれば勝ちだし

 

減っていれば負け。

 

 

そんなゲームです。

 

 

売り上げが増えているかどうかじゃないし

 

ライバル会社やライバルのお店と
お客の数を競うゲームでもないわけです。

 

 

基準は自分のとこの会社やお店だけ。

 

 

もっというと決算書や試算表も関係なし。

 

 

もっと極論言うと

 

預金通帳のみ。

 

 

ここの現金が増え続けていれば

 

事業はうまくいっているし

 

減り続けていれば、というか増えてなければ

 

事業はうまくいっていない。

 

 

 

融資でも何でも現金さえ増えればOK

 

というわかりやすい基準なんですが

 

まあ、一概にそうとは断言できないですよね。

 

 

ただ、この通帳の残高にフォーカスして考える
視点がないと

 

 

売り上げが上がっている

 

忙しくなっていっている

 

従業員も増え続けている

 

 

だけど

 

 

月末の支払い時期は地獄

 

 

という罰ゲームみたいな生活を送ることになります。

 

 

売り上げそこそこ

 

忙しいっちゃ忙しい

 

従業員減ったり増えたり

 

 

だけど

 

 

銀行の残高なんか確認してない。

 

 

「どうせ増えてるから」

 

 

という状態が

 

 

事業がうまくいっている

 

 

というのです。

 

 

賛否両論あると思いますけど

 

売上げ至上主義で消えていった会社多いですよね?

 

 

売上げ自慢してくるくせに
支払いのときは割り勘でちょっと少ない金額を
払ってくる、セコめな社長を見たことないですか?

 

いっぱいいますけど。

 

 

これをわかっていないからです。

 

 

前にレポートで、配ったと思いますけど

 

ビジネスにおいては

 

キャッシュ イズ キング

 

です。

 

 

手元の現金が多いほうが有利です。

 

 

無借金経営だけど、手元に現金を持たない人

 

 

借金100万で手元に100万持っている人

 

 

であれば、後者の方が勝つ可能性が高いのです。

 

 

もう一つ。

 

いくら売上が上がっても
手元の現金が増えないと、

 

使えるお金が増えません。

 

当然、毎日の生活も変わりませんから
人生も変わりません。

 

 

「起業して本当に良かったなあ」

 

って実感できないと思います。

 

 

だから、今一度、現金の重要性を認識してほしいと思い

 

今回はこのテーマを選びました。

スポンサードリンク


【注目】 日本政策金融公庫から断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。