事業継承後の資産使用についての質問

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
factoringad
事業継承後の資産使用についての質問
はじめまして、○○と申します。

いつも先生のメールを拝見させて頂いております。ありがとうございます。

現在私は、父親の経営する職場(個人事業)の従業員の一人として働いております。

今後父は引退し私が事業を承継する予定となっております。

この承継を期に現在、法人化を考えております。

理由は当初、個人の電気店のみの事業を行っておりましたが不動産と大手電気店のフランチャイズに加盟して事業を拡大してきたため、売上、所得ともに増加しています。

ことから法人化した方が税務上有利かと思い検討しております。この場合に父親所有の資産を法人で引き続き使用するのにどのような手続きが必要なのかが不明です。

顧問税理士がいないため自分で勉強しております。よろしくお願いいたします。

現在の具体的な状況ですが、メーカー数社の中から一社に絞り込み、今度自宅で打ち合わせという段階です。

駐車場の問題や、建築上の対策など、クリアしなければならない点があります。

検討中です。

8月融資の予定からすると、かなり急がないといけないと、焦り気味です。

(9月までに契約すると消費税8パーセントで済む。という理由)又、融資の金額が大きいので、日本政策金融公庫では、十年の返済期間と担保が必要とのこと、銀行では、指定メーカーであれば、利息が安いこと(1.8%)でも、建築費が高い。

などを、調べたところです。返済シュミレーションや、半型500メートルぐらいの近隣アパートの、相場や、空き状態などを、同時進行で、調べているところです。

いろいろやることが、たくさんあることと、(勉強も含め)、その割に進んでいないのが、現状です。

 

はじめまして。

質問を送っていただきありがとうございます。

長いのでまとめると

・父親から事業継承をするのを契機に法人化する

・父親所有の資産を事業で引き続き使うにはどうすればいいのか?

という質問ですね。

端的に言うと

新しく作る法人でお父様と使用貸借の契約をすればいい

ということになります。

あと、消費税はまだまだ上がらないので気にしないでいいですよ。

ちょっと気になった事があるのですが

「顧問税理士がいないため自分で勉強しています」

という事なのですが

あなたが税理士の先生レベルの知識を持つようになれるのは

うまくいって数年後だと思うのですが

その間、事業は止めておくのでしょうか?

今回もちょこっと相談すれば2秒くらいで解決する問題を
長々メール送ってきてますが、時間が余っているのでしょうか?

税理士さんに相談料を払って、教えてもらったほうが
時間もお金も節約できますけど。

事業の進捗があまりない(進まない)起業家予備軍の人が
よく使う言葉に

・打ち合わせ

・勉強中

というのが多いのですが

たいていの場合、そのままどこかに就職します。

我々事業者の仕事は一刻も早く売上げを上げて
事業を安定させることなのですが

・打ち合わせ

・勉強

をどれだけ一生懸命やったとしても

売上げは1円も増えません。

それだけは忘れないでいただきたいと思います。

頑張ってまいりましょう。

 

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
factoringad

 

融資申請と物件の関係についての質問
林 先生

いつもメール有難うございます。

○○と申します。

43歳会社員 妻と三人の子供がいます。

この度今の会社の仕事を引き継ぐ形で独立を考えて準備しております。

この一年の間に融資を受ける為に

計画書の作成

自己資金の準備 調達

事業をする場所など

仕事をしながら目まぐるしく動いて参りました。

完璧とは言えないですが何とか準備が出来たと思います。

事業は自動車部品の製造業です。

事業をするに辺り賃貸物件を探して来ましたが、音の問題 賃料の問題などで中々決まらな中差し押さえ物件が出て来ました。

そこは、調整区域、未登録建物付き、私が使用する為に改装費500万、土地購入500万、この様な状態です。

初期投資としてはかなり高額ですが、長い目で見ればもちろん安くランニングコストも楽だと考えております。

しかし政策金融公庫が物件に対して、どう言う反応を示すのか見当もつかない状態です。

もし 経験上から何らかのアドバイス等有りましたら是非御指南頂ければと思います。

宜しくお願い致します。

 

質問を送っていただきありがとうございます。

結論から言うと

公庫はその物件に対して、どういう反応もしません。

なぜならあなたが起業するのは

自動車部品の製造業ですので

立地は関係ないからです。

 

あなたの自己資金の金額や事業計画書の内容

今の取引先が取引を継続してくれるか、を判断して

融資を返す事ができると判断すれば融資するだけです。

 

物件も見に行くと思いますが
よほど自動車部品の製造などできないような
物件でない限り、物件ではじかれる事はありません。

気にしないでも大丈夫です。

ただ、自己資金の金額などがわからないため
何ともいえませんが、

人件費や特に製造業という事で
運転資金の確保という点まで考えると
2000万クラスの資金調達が必要な案件だと思います。

ですので、1000万円以上の融資申請になりそうなら
担保を今の時点で用意しておいたほうがいいと思います。

頑張ってください。

 

日本政策金融公庫から融資を引き出す正しいやり方はこちらを参照

スポンサードリンク


【注目】日本政策金融公庫から断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。

コメントは受け付けていません。