売り上げを上げる唯一の「型」とは?

売り上げを上げる唯一の「型」とは?

MENU

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
日本政策金融公庫から融資を断られたあなたへ

売り上げを上げる唯一の「型」とは?

売上げを上げるのなんか

 

たぶん「これ」しかないです。

 

 

あなたがこれから何百万円分の教材やセミナーで
ビジネスを勉強していったとしても

 

 

結果

 

 

これに行きつくはずで、これが全てだと悟ります。

 

 

1.買いそうな人を集める

 

2.集めた買いそうな人達に商品を売って買ってもらう

 

3.買ってもらった人の数、購入単価、購入頻度を限界まで上げる

 

これだけです。

 

 

超簡単に言うとですよ。

 

 

 

「利益が残んないんですよ・・・」

 

 

みたいな相談を受けると

 

毎回私は

 

「プロダクトランチでバックエンドを売るときに
 クロスセルかければいいですよ」

 

と答えますが

 

正直、そんな話をしても今これを読んでいるあなたには
チンプンカンプンだと思います。

 

 

ですから、まずはこれだけ。

 

 

 

1.買いそうな人を集める

 

2.集めた買いそうな人達に商品を売って買ってもらう

 

3.買ってもらった人の数、購入単価、購入頻度を限界まで上げる

 

 

 

小難しいこと覚えなくても、
これだけで売上げなんて上がると思います。

 

あなたは

 

1.どうやって買いそうな人を集めているのか
  どのくらい集まっているのか

 

 

を考えて、もっと集めるためにはどうしたらいいのかをまず考える

 

まずはこれを考えてくさい。

 

 

大事なことなので繰り返しますが
売上げの壁にぶち当たったときは
まずこれを考えるんですよ。

 

 

1.どうやって買いそうな人を集めているのか
  どのくらい集まっているのか

 

 

です。

 

 

 

買いそうな人のことを「見込客」と専門用語的には
言うらしいのですが

 

「林先生、そんなことは知っていますよ
 見込客を集めることは大事ですよね」

 

なんて思わないでくださいね。

 

 

見込客を集める方法をあなたはどれくらい知っていますか?

 

 

私はざっと思いつくだけでも30は言えます。

 

 

だから「知ってますよ」なんて事業をなめた考えはしないで
あなたもまずは真剣に考えてください。

 

 

次に

 

2.買いそうな人にどうやって販売をしているのかを考えて、
  どうやればもっと買いそうな人がより多く買ってくれるのかを考える

 

 

そして最後に

 

 

3.買ってくれた人の数、購入単価、購入頻度を限界まで上げるために
  何をやっているのか、もっと増やす方法はないか考えるだけです

 

 

当然、1から3まで番号を振っているのですから
順番に考える必要があります。

 

 

 

「そうは言っても、林先生、話が難しくて意味がわかりません・・・」

 

という人が98パーセントだと思いますので

 

次のメールでより深く解説しようと思います。

 

 

ですが、次のメールを送るまでに
一度は必ず考えてみてください。

 

 

あなたの会社やあなたのお店は

 

1.どうやって買いそうな人を集めているのか
  どのくらい集まっているのか

 

 

2.買いそうな人にどうやって販売をしているのかを考えて、
  どうやればもっと買いそうな人がより多く買ってくれるのか

 

 

3.買ってくれた人の数、購入単価、購入頻度を限界まで上げるために
  何をやっているのか、もっと増やす方法はないか

 

まずは、ここまで。

 

 

私は、これを考えている経営者には
ほとんど会ったことはありません。

 

「林先生、見込客を集める方法なんか
 58種類くらいあるじゃないですか?
 知らないんですか?

 

 ダサいですね

 

 経営者に向いてないですよ。

 

 才能がないです。」

 

 

とかこれまで言われたことがないです。

 

 

みんなこんなことを考えて経営を
していないからです。

 

ですから

 

あなたが今、売上げで困っているならなおさら
必ず一度は紙に書いて考えてみてください。

スポンサードリンク


【注目】 日本政策金融公庫から断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。