起業するタイミングはいつがいい?

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
factoringad
起業するタイミングはいつがいい?
●●と申します。

先生のお話からすると、私は少数派の新規創業するほうです。

一番困っているのは、タイミングです。

何のかともうしますと、自己資金にまとまった額がそろう時期が開業予定時期ギリギリなので、融資のお願いのときには、予定であるとしか、言えないことが、悩みなのです。

夫婦で家業を手伝い、従業員として給料を得ています。

折からの不況もあり、ボーナスカット、生活費以外の余裕ある給料はもらっておらず、事情のある時に用立ててもらうようになってますので、貯蓄がほぼありません。。

年末に廃業するにあたり、退職金をもらい、自己資金とします。子供3人いるため、バイト状態での資金集めは失業保険との兼ね合いからできません。

実家の廃業準備と並行して開業に向け準備はじめている所です。

ちなみに、保証人や担保にマンションや土地をつけることは可能です。

ただ、現金はぎりぎりになってしまいます。わずかな、現金40万ほども研修費などで、支払ってしまうので領収書のみです。

一番大事な、通帳が、、。

両親からは担保、保証人にはなってくれますが、廃業にむけての精算にまわすため、おそらく現金での支援は難しいものと思われます。

年度末時期の融資申込に退職金入金後1か月程度で融資開始していただけるか、、

できれば、退職金入金2~3か月前には融資申し込みに動きたいのですが、やはり、ありえない、と思われますか。

 

質問ありがとうございます。

いくらの融資希望額なのかがわからないので
具体的な回答はできません。

ですので、退職して起業する場合の
創業融資に関して一般的な話をさせてもらいます。

退職金を自己資金にあてて
創業融資を引き出す方はいます。

例えば

私が先日手伝った方は、退職金の300万円を自己資金にして

日本政策金融公庫から600万円の融資を受け

制度融資から800万円の融資を受け

創業補助金から200万円の採択を受け

合計1600万円の資金調達をして、自己資金300万円と合わせた

1900万円で海鮮居酒屋を開業しました。

片田舎での開業ではありますが

初月から月商300万円はいきましたので
資金調達から事業運営までうまくいっている事例だろう
と思います。

この方のサポートをした時に
どのようなタイムスケジュールで行ったかというと

事業計画書や付随書類の作成
(日本政策金融公庫分と制度融資分)

見積書集め

日本政策金融公庫へ融資申し込み

退職金振込

日本政策金融公庫の面談

制度融資申し込み

制度融資の面談

日本政策金融公庫の融資実行

店舗工事と飲食店許可取得

飲食店開業

制度融資実行

※ 創業補助金は募集のタイミングが年1回とかで
利用できない人も多いので省略しています。

上記のような流れで進めました。

見積書集めや事業計画書の作成など
退職金が振り込まれる前に、自己資金以外の準備を
全て済ませているから、その後がスムーズに進んだのです。

特に、日本政策金融公庫だけでなく制度融資からも
融資を受ける場合には違う書式、違う記載内容で2パターンの
事業計画書を作らないといけませんので

タイミングなど悩んでいる場合ではなく

早いとこ見積書を集めて、事業計画書を書いたほうがいいと思います。

この話を参考にしていただいて、頑張ってください。

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
factoringad

美容室を開店してやっていけるか不安
林先生

●●と申します。

林先生からのメールいつも楽しみに読ませていただいてます。

今、美容室の独立に向けての情報や経営者になるための心構えなどを勉強中です。

1番美容室の独立に向けて悩んでる事は、利益を出し続ける事ができるのかという不安と、新たなお客様が来てくれるだろうかという不安です。

あと今勤めている美容室のオーナーにお店を辞めるという時に快く承諾して協力してもらえるかというのも気がかりです。(独立する意思は伝えてあります。)

自分の担当してるお客様で来てくれそうなお客様には独立する連絡をさせてもらえるのかなど。

あまり具体的ではないかもしれませんが資金調達以外でビジネスを始めるにあたって不安なことです。

これからもぜひよろしくお願いします。

 

質問というか、悩みを送っていただき
ありがとうございます。

悩まれてる点は3点ですね。

・美容室を開業して利益を出し続けられるか

・今の勤め先が応援してくれるか

・お客さんを連れて行って怒られないか

1つずついきましょう。

とはいっても、結論は一つしかないので

先に言っておきます。

あなたがマーケティングをできるのであれば大丈夫

あなたがマーケティングをできないのであれば全部だめ

です。

 

・美容室を開業して利益を出し続けられるか

これはモロにマーケティングができるかどうか

(知識があるかとかでなく、実践できる力があるかです)

によります。

あなたにマーケティングのスキルがあるのであれば

利益を出し続ける事ができますし、

売上げも右肩上がりです。

 

・今の勤め先が応援してくれるか

についても

あなたにマーケティングのスキルがあるのであれば

応援してもらう必要はありません。

新規客を取り続け、リピートしまくってもらえます。

そもそも何か応援してもらうことってあるのでしょうか?

勤め先にとっても特にあなたの独立を応援するメリットは無いと思いますし。

 

・お客さんを連れて行って怒られないか

についても

あなたにマーケティングのスキルがあるのであれば

連れて行く必要はありません。

新規客を取り続け、リピートしまくってもらえるからです。

 

結局、あなたが独立して

自分自身の力で客を取り利益を出す自信がないから、

悩んで不安に思っているだけのことばかりだということです。

 

私は、5年前くらいから言っていますが、
これからの激動の時代で生き残れる経営者には

・被害者意識

・他力本願

の2つが「少しでも」あってはいけない。

(難しいですが、可能です)

勤務先の応援や顧客を分けてもらうなどのことを

考えてる時点で、「他力本願」100パーセントだと思います。

 

本当に美容室を開業して生き残りたいのなら

現時点では、独立は思いとどまり

美容師としての自己研鑽を続けるだけでなく

マーケティングの勉強と実践を愚直にやったほうがいいと思います。

 

そして、本当にやっていけるレベルまで来た時に
独立を考えたほうがいいのではないかと思います。

頑張ってください。

 

日本政策金融公庫から融資を引き出す正しいやり方はこちらを参照

スポンサードリンク


【注目】日本政策金融公庫から断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。

コメントは受け付けていません。