質問をする能力について

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
factoringad
質問をする能力について
色々な経営者の方の話、著書などを聞いたり読んだりしても拭えない不安がありまして、経営で一番困る事が資金繰りだと自分では思うのですが、経営者に聞いても「あー、大変だったな。」という程度で実際にはどのように大変だったのかがイマイチ掴めないでいます。

本になったりすると、特に大きな企業の経営者本なので、スケールが大き過ぎてあまり想像する事が出来ません。

出来る限りリスク予知をして準備を怠らない努力をしたら、とりあえずはやってみるしかないとは思っているのですが、具体体な事例として知っておける事があれば準備も修正しながら進めていけるのではないかと思っており、先生が目にされた、お聞きされた身近な事例があれば教えて頂けませんでしょうか。

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
factoringad

まず、読みづらいですし、
質問の意図がさっぱりわかりません。

せっかくなので2点書いておきたいのですが

読みやすさ

というのはどれだけ読み手側に
配慮できるのかという

コミュニケーションの問題

だと知っておいて欲しいと思います。

読みづらい文章を書く人というのは
人に配慮できないコミュニケーション能力の低い人

ということになりますので、ビジネスを始めた場合
どういう結果になるか想像できると思います。

次に、「質問」というのは

質問相手から自分にとって必要な情報を
教えてもらう作業

ですから、

適切な質問を出来るかどうか

は人生の中でかなり重要な位置を占める
能力だとわかっていただけると思います。

必要ない情報ばっかり教えてもらっても
しょうがないからです。

適切な質問が出来ないなら、
本当に知りたいあなたの役に立つ情報を
知ることが出来ないんで。

本題に戻って

資金繰りで大変な思いをした人やうまくいった人の
事例が知りたいんであれば、ネット上で
たくさん見ることが出来ると思います。

私が知っている限りでは

資金繰りに困った飲食店の社長が自宅の家賃を
払えなくなり、お店に寝泊りし、

お風呂にも入れないんで、キッチンで体を
洗ってた事例を知っています。

うまくいった例では

よくある話ではありますが

銀行のATMに記帳にいくと、入金が多すぎて

ジージージージージージージージー

と毎回10分ほど記帳にかかるので後ろに行列が出来る
という話があります。

使っても使っても、現金が増えていくスピードの方が
早いので

資金繰りなど一回も考えたことがないと言ってました。

一応、2つほど書いておきましたが

それよりも

「わかりやすい文章」

「質問する力」

の話のほうがあなたにとって役に立つと思いますので
そっちのほうを参考にしてもらえればと思います。

 

代表取締役がブラックだが連帯保証人になれるのか?
友人の法人なのですが、地方銀行に創業支援の融資を依頼するのですが、銀行の場合には、必ず代表取締役が保証人になると思うのですが、その友人はいわゆるブラックなのですが、この場合には保証人にはなれないのでしょうか 。

ご質問ありがとうございます。

友人に代わって私のメルマガを読み
友人に代わって私に質問をしていると
いうことなのですが

暇なんですか?

がんばって仕事をしてください。

 

日本政策金融公庫から融資を引き出す正しいやり方はこちらを参照

スポンサードリンク


【注目】日本政策金融公庫から断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。

コメントは受け付けていません。