親から借りた起業資金は自己資金に当たるのか

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
factoringad
親から借りた起業資金は自己資金に当たるのか
自己資金についての質問です。

日本政策公庫の新創業融資制度の利用を考えています。

親から起業資金の一部を借りようと思っているのですがこれは自己資金に含めてもいいのでしょうか?

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
factoringad

 

質問ありがとうございます。

残念ながら、自己資金に含めることはできません。

親や兄弟から借りたお金は自己資金に当たりません。

これはたとえ無利子であったとしても無理です。

ただし、もらった場合は自己資金に当たります。

当然ですが、もらったといえる証拠(贈与契約書など)
が必要にはなります。

 

無担保無保証での融資制度についての質問
いつもためになるメールありがとうございます。

質問なのですが、私は個人事業を始めて4年になるため、政策公庫の新創業融資制度を利用することができません。

特に担保にできそうな物件もありませんし、保証人をお願いできる方もいません。

このような場合に、融資は無理なのでしょうか?

 

質問ありがとうございます。

確かに、新創業融資は事業を開始して
2期分の決算が終わった場合には
利用することができません。

通常であれば、連帯保証人を用意して
「普通貸付」で融資を受けることになりますし、

私もそれを薦めています。

ですが、事業開始後2期が過ぎているからといって
無担保無保証で借りられないわけでは
ありません。

「第三者保証人を不要とする融資」

という制度がありますので、それを検討すればいいと思います。

この制度は原則無担保で、保証人についても

法人での借り入れの場合は代表者が保証人にたつ必要は
ありますが、

個人事業主が借り入れる場合は保証人は要りません。

当然、この制度を利用する際には条件が付いています。

条件は2つです。

1.確定申告を2期以上行っていること

2.所得税を完納していること

これを満たす場合には検討してみてください。

 

日本政策金融公庫から融資を引き出す正しいやり方はこちらを参照

スポンサードリンク


【注目】日本政策金融公庫から断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。

コメントは受け付けていません。