経営経験がないが日本政策金融公庫の開業融資に通るか?

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
factoringad
経営経験がないが日本政策金融公庫の開業融資に通るか?
初めまして。

○○と申します。

いつも為になるお話をありがとうございます。

僕は今兼ねてからの夢であったパン屋さん開業に向けて、日々勉強中です。

僕が困っている事は商売を始めるにあたって、店舗運営や経営など経験が殆ど無い事です。

これまで10年間職人として、主に製造ばかりの仕事に成就して来ましたので、美味しいパンを作る腕には自信があります。

しかし、お店をやるとなると、経営の面がとても大事な部分だと思います。

これまで独学で経営の勉強はして来ましたが、実務経験がありません。

日本政策金融公庫の面談時にもそこの部分を指摘されるのではないかと心配しています。

こういった場合審査には通りにくいのでしょうか?

また同じようなケースで審査に通ったなどの実例はありますでしょうか?

質問ありがとうございます。

前提がちと怪しい部分もあるのですが
可能性が高い推測を前提に入れて確認すると

パン屋さんで開業

パン作りの経験は10年でおいしいパンも作れる

経営の経験は0

これで日本政策金融公庫から開業資金の融資を受けられるか?

というご質問ですね。

(当然、自己資金があることやまともな事業計画書があることは前提です)

 

通ります。

実例も紹介すると

この私です。

私は12年前に日本政策金融公庫(その時は国民生活金融公庫と言いましたが)
から開業資金の融資を受けて行政書士事務所を立ち上げました。

実務経験0(事務所の勤務経験も0)

経営経験0

でしたが、融資に通りました。

そうだ。

ちょっと言葉の使い方というか、定義を間違って理解されている
みたいなので、確認をしておきたいのですが

実務経験とは、開業する業種に勤めた経験のことを言います。

あなたの場合ですと、パン屋さんに勤めた経験のことです。

この実務経験は、あればあるだけ融資の審査にはプラスになります。

通りやすいという事です。

なくとも審査に通る事は可能です。

 

私もそうでしたから。

 

審査上不利というだけで、ないから否決されるものではありません。

考えてみれば、当たり前のことなのですが

パン屋に勤めた経験もない人が

パン屋を始めたら、パンが作れるかどうかも怪しいですし

失敗しそう(融資しても焦げつきそう)ですよね。

 

パン屋さんに20年勤めてて、自分の理想のパンを
世に出したいから自分のパン屋さんをオープンします、という事例のほうが
パン屋さんはうまくいきそうな気がすると思います。

金融機関の担当者も同じように感じます。

だから、

実務経験がなくとも融資に通る事は可能ではあるが
あった方が有利だし、経験年数が長ければ長いほど審査には有利

ということを覚えておいて欲しいと思います。

 

次に、経営の経験についてですが

これは、過去に個人事業主や会社の代表者(代表社員や代表取締役)として

経営に携わった経験です。

代表者として事業をやったことがあるか、という経験です。

これは、融資の審査上、無いほうが有利です。

 

事業をやっていたはずなのに

今回、パン屋さんの開業資金を融資してくれ

といってきているわけですから

前にやっていた事業なり会社は

・潰した

・他人に渡したか

のどっちかでしょう。

前に会社をやってて潰しましたけど
今度のパン屋は当てますので

融資してください

と言われても、さすがに危ないだろうと
不利に判断されます。

他人に渡した場合であっても
そこで売却益を得ているのであれば
普通は融資を頼みに来ないですし、(まとまった金額が手に入るから)
もしくは株主配当をもらっているはずです。

融資担当者が抱くそんな余計な勘繰りを、事業計画書で巻き返さないと
いけなくなりますので、融資の審査上は不利になります。

であれば、経営の経験というのは中途半端にあるより
無いほうが融資の審査上は有利なのです。

まとめると、あなたの場合

・実務経験有り(審査上有利)

・経営経験無し(審査上有利)

なので、融資の審査には有利な状態にあります。

ですので、あとは「どうやってお客さんを呼ぶのか」という
マーケティングの勉強をして、それを事業計画書に「担当者が」わかりやすい
表現で記載し、

売上げの根拠やお店が出せる利益を示せばいいだけです。

それで融資は通ると思います。

頑張ってください。

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
factoringad

日本政策金融公庫の支店や担当者を選べるのか?
はじめまして。

毎日融資に関する為になる情報を教えていただきありがとうございます。

今回はビジネスを始めようとしている現状、一番困っていることについて問い合わせさせていただきます。

ビジネスを始める為にまず日本政策金融公庫からの融資で開業資金を得ようと思っているのですが、日本政策金融公庫は担当者や店舗によって色々と言っていることや動き方が違うところが現状一番困っております。

日本政策金融公庫の店舗や担当者を色々と変えてより自分に合ったところを見つけたいと思っていたのですが、日本政策金融公庫はどうやら一つの店舗で融資を行うと、今後は基本的にその店舗固定で融資を行うようで、とても悩ましいです。

この場合どうすればよいのでしょうか?

はじめまして。

ご質問ありがとうございます。

「日本政策金融公庫は担当者や店舗によって色々と言っていることや動き方が違う」

ので、

自分に合う店舗や担当者を選びたいがどうすればいいのか?

という質問ですね。

まず、問い合わせ等を色々な店舗の色々な担当者に
してみた経験からそう感じられたのだと思いますが

「日本政策金融公庫は担当者や店舗によって色々と言っていることや動き方が違う」

のは、その通りです。

これは、制度融資を利用する際に銀行や信用金庫の担当者にも
程度の差は大きくあると思いますが、同じように感じると思います。

支店や担当者の融資スタンスや人間性(あなたと合う合わないも含めて)
が違うからです。

当たり前です。

相手も人間ですもの。

では、その場合、自分にあった支店や担当者を選ぶにはどうすればいいか?

ですが、

こちらでは選べません。

 

まず、あなたがどの支店に申し込みをするかは

管轄エリアが支店ごとに決まってますので

あなたに選ぶ余地はありません。

 

次に、担当者についても、支店内で誰が担当になるかは

あなたが開業する業態に詳しいか、だとか勤務経験等を考えて支店内で決められます。

ということは、あなたの希望やリクエストが反映される余地はないということです。

 

あなたができるのは、どんな合わない担当者に決まったとしても

その担当者が納得する事業計画書を書き上げ

面談をそつなく終わらせること

「だけ」です。

それ以外のことを色々考えても無駄と思ってもらってかまいません。

確かに、意味不明な点にこだわったり、事業と関係なさそうな
質問をしてくる担当者はいますので、

運といえば運がありますが

我々は、それでも融資を通さなければなりませんので

そのための準備をして融資を通すだけです。

 

ちなみに、「合う」担当者があなたの面談をしてくれた場合

それはラッキーだろうと思いますが

次に、あなたが新店舗オープンや切り替えなどで融資を申し込む2~3年後に

その担当者はもうその支店にはいません。

 

異動しています。

 

これは信用金庫や銀行も同じです。

担当者が合わない人に交代したとしても

融資を通せる準備をこちら側が頑張ってしておくという問題だからです。

頑張ってください。

 

日本政策金融公庫から融資を引き出す正しいやり方はこちらを参照

スポンサードリンク


【注目】日本政策金融公庫から断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。

コメントは受け付けていません。