税金が免除されている人でも保証協会の審査に通るか

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
factoringad
税金が免除されている人でも保証協会の審査に通るか
林先生、こんばんは。いつもメールを見ながら勉強させてもらってます。大変勉強になります。質問です。保証協会に申し込みをする場合、税金が免除されている人でも審査が通りますか? まだまだ勉強不足で、こんな質問ですみません。宜しくお願いします。

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
factoringad

はい、こんばんは。

税金が免除されている人であっても
信用保証協会を利用した制度融資などの審査に
通ることが出来るのか?

というのが、質問内容なのですが

何の税金が免除されているのかがわかりませんので
なんともいえないですが、一般的に考えると

個人事業をやっていて、赤字や利益が少ないなどの理由により
所得税が発生していない状態でも融資に通りますか?
という質問だと思いますので、それに答えます。

通ります。

赤字の会社でも通りますので。

ただし、普通に考えて赤字の事業に融資を
すると返済ができません。

だからほとんどの赤字の事業は
融資を受けられないのです。

そこは当然ながら金融機関や保証協会が納得する
説明を「事業計画書の中で」行う必要があります。

 

日本政策金融公庫の面談とあがり症
私が今一番困っていることは「メンタル面の弱さが原因で、日本政策金融公庫の審査担当との面談において、私の心象がいたずらに悪くならないか不安であること」です。

緊張のあまり余計なことを喋ったり、何かを指摘された際にしどろもどろになる傾向が私にはあります。

面談に臨むにあたり、自分に自信を持ちメンタルタフネスを備えるためにはどうしたらいいのでしょうか?

まず、一般的な話からしたいのですが
自分に自信を持つ方法として

・自分の大義名分を予め作っておく

これで人生においてブレそうになったときに
戻れる土台を作っておく。

・会話の基本構造を知る

基本キャッチボールだと認識した上で
特に相槌のレパートリーを増やすことを意識する。

・食事に気をつける

食べることにより、体に力がみなぎるような食事をするようにする。

という3つのファクターから、自分に自信をつけていくことが
大事なのはご存知のとおりだと思います。

それぞれ説明しだすと、それだけで
ホームページが20個くらい作れそうに
長くなりますので、

そういう基本から徐々にやっていくしかない

ということだけまずは知ってもらえれば
と思います。

特に、ビジネスを行っていくうえで
自分に自信がないというのはかなりの
致命的弱点になると思うので、必ず克服してもらいたい
と思います。

その上で、今回は日本政策金融公庫の融資の面談
においての話ですので

それに絞って、回答すると

ほぼしゃべる必要がないくらいに事業計画書を完成させておく

ことで問題なく乗り切れます。

質問が来ても、

「事業計画書のここに書いておきました」

の一言をオウムのように繰り返すだけだからです。

ようするに、予め聞かれるであろう事を
事業計画書に全て盛り込んで書いておき
(これが出来ていなかったら、その時点でアウトですが・・・)

面談対策として、その事業計画書を口頭で
説明できるほど読み込んでおく。

後は忘れずに、面談の現場に自分の説明用の
事業計画書を持っていくだけ。

なんか聞かれても、手元の事業計画書の中から
回答する部分を見つけ出し答えていく。

それで乗り切れると思います。

自分に自信を持つようになるまでには
時間がかかると思いますが

面談を乗り切るだけなら楽勝です。

日本政策金融公庫から融資を引き出す正しいやり方はこちらを参照

スポンサードリンク


【注目】日本政策金融公庫から断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。

コメントは受け付けていません。