確定申告をしていない個人事業主は公的融資に通るのか

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
factoringad
確定申告をしていない個人事業主と公的融資
今年で開業してから5年になる
個人事業主です。

今まで自己流でやってきたため
税務申告などを全くしてきておりません。

このような場合に公的融資から事業資金を
融資してもらうことはできるのでしょうか?

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
factoringad

 

質問ありがとうございます。

無申告であることを理由に
直ちに融資が不可能となることはありませんが
かなり厳しいです。

税務申告をしていない、ということは
税金を払っていないはずなので

税金が資金となっている公的融資から
お金を借りるというのは

かなり無茶な話だからです。

ですが、全く不可能な話ではありません。

まず、税務申告をしていない一番のデメリットは

事業内容を把握できないことになります。

ですので、事業内容をきちんと説明できる企業概要書を
厚く書くとともに、これまで最低1年間の帳簿を追加で
きちんと作成するなどのことを行えば

融資に通ることもあります。

ただし、かなりの小額です。

 

相続による事業の引継ぎと新創業融資
父の他界により父が個人事業として経営していた
整備工場を息子である私が引き継ぐことになりました。

私はこの度初めて事業をすることになるのですが

この場合に政策公庫の「新創業融資制度」は
使えるのでしょうか?

質問ありがとうございます。

この場合「新たに事業を始める」わけではないので

新創業融資制度は使えません。

ただし、お父様の事業年数とあなたが引き継いだ後の
事業年数を合計して2年未満である場合には
使える余地があります。

日本政策金融公庫から融資を引き出す正しいやり方はこちらを参照

スポンサードリンク


【注目】日本政策金融公庫から断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。

コメントは受け付けていません。