日本政策金融公庫に融資を申込みし10日後に断りの電話

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
factoringad
日本政策金融公庫に1000万の融資を申込みし10日後に断りの電話
いつもメールありがとうございます。

受注増加に伴い多少の設備投資もしなくてはならなくなります。

(設備投資は車両の購入と工具、資材関係の仕入です)

運転資金と設備投資で1000万融資を受けたいと思っております。

(運転資金 外注費200万×3ヶ月分車両購入300万工具等100万)

3月初めに日本政策金融公庫に1000万の融資を申込みし17日に面談、10日後に断りの電話がありました。

提出資料は私の独学になりますが全て言われたものは提出しました。

確定申告も時期的に同じだったので、きちんとし納付も即日しております。

詳しい理由は教えてもらえませんでしたが、一言で言うと私の個人的信用だと言う事でした。

事業を始めてまだ日が浅い事、独立前に2年間ブランクがある事などを言われました。建築業自体は15年の経験があります。

また会社設立の予定もあります。

融資前か融資後かも悩んでおりますが資本金は300万です。

資本金は知人からの投資になります。

すぐ用意出来る準備はしてあります。そこから事務所の契約費と設立にかかる資金、建築の許可取得で200万を予定しております。

残りは投資先に返済しようと思っております。

会社設立後、外注先の中の4名を社員として雇用する予定です。

以上が今迄の簡単な私の現状と融資理由です。融資の時期は特に決めておりませんが早ければ早いほどと言うのが正直なところです。

現状、融資がないと事業が立ち行かないというわけではありませんが、今のままでは現状維持しか出来ないと言う事です。

時期的にオリンピックと復興事業、建築業界の人出不足が重なり、事業を伸ばす最大なチャンスなので、是非このチャンスをものにしたいというのが本音です。

是非、アドレスをお願い致します。

出来れば林様のご支援の料金等も教えて頂ければ幸いです。

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
factoringad

ご質問ありがとうございます。

「是非、アドレスをお願い致します。」

とのことで、一瞬面食らいましたが

アドバイスのことですね?

あと長いです。

少し私のほうでまとめると

・日本政策金融公庫に1000万の融資申請をしたが
断られた。理由は個人の信用と言われた。

・知人から300万円を融通してもらい、会社設立予定。
200万円を事業に使い、100万円はすぐ返す予定。

・融資前か融資後に会社を設立すべきか迷っている。

・私の事務所のサポート料金を知りたい。

ということですね。

まず、確定申告書の数字を見てみないと
確定的なことは言えませんが

落ちた理由は、個人の信用ではないと思います。

1000万円という申請金額

事業計画書の出来

が理由だと思います。

事業を始める前にブランクの期間があること
は関係ありません。

通っている人はたくさんいるからです。

メールセミナーでも紹介しています。

それに、見てみないとわかりませんが
通帳も怪しい気がします。

全部ひっくるめて「個人の信用」と言えなくもないですが。

その上で、300万の見せ金を使い
会社設立した上で融資申請をどのタイミングですべきか
ですが、

個人で一回失敗していますので
会社の設立をしようがしまいが審査してくれません。

「この前、断ったでしょ」

というニュアンスのことを言われて終了です。

ですので、制度融資を軸に準備をしたほうがいいと思います。

制度融資の場合、信用保証協会や金融機関、自治体が絡むので
より精度の高い事業計画が必要になりますし

融資が下りるまでの期間が2倍ほどかかりますが

やるしかないと思います。

今回の失敗を素直に反省して

全力で取り組んでいただきたいと思います。

あと、私の事務所のサポート料金はここに記載していますし、
このページから申し込みも出来ることは何回か書いていますので
今後はこの質問は端折ろうと思います。

では、がんばって参りましょう。

 

デイサービスと訪問看護のどちらで起業すべきか
毎回、メールの内容を大変興味深く勉強させていただいています。

今、一番困っていることは、デイサービスと訪問看護ステションのどちらで起業するかです。

訪問看護は看護師が2.5人必要などの人員の要件も踏まえた上で悩んでいます。

現在は病院に理学療法士として勤務し休みの日はバイトで訪問リハビリを行い、自己資金を貯めています。

現時点で自己資金は150万円です。

2015年4月までに開設したいと考えています。

デイサービスも訪問看護も開設の要件に法人の必要性があるので、株式会社を立ち上げてからとなるため、細かい今後の手順に関しても不安を感じています。

林先生のご経験からデイサービスと訪問看護のどちらが良いかということと、今後の相談する際の相談料についても教えていただければと存じます。

よろしくお願いいたします。

質問を送っていただきありがとうございます。

どちらが良いのか?

という質問の趣旨が

どちらのほうが儲かるのか?

ということを聞きたいのであれば、

どちらも儲からない

というのが私の答えになってしまいます。

これは両方のビジネスが私がいつも言っている
「スタートアップから儲かるビジネス4原則」
の4つの条件を1つも満たしていないからです。

そもそものあなたの職業から来る資格

人件費がかかるビジネスモデル

あなたの自己資金から引けるであろう融資実行額

という3つの視点から考えると

実は、デイサービス1択の選択しかありません。

しかも小規模です。

で、小規模デイサービスが儲かるかと聞かれれば

「儲かりません」

という回答になります。

あなたによほどの情熱がない限りは始めないほうが良いと思います。

次に

株式会社を立ち上げてからデイサービス事業を始めていく
細かい手順に関しては、書いていくと本2冊くらいに
なってしまうのでやめておきます。

私の相談料については、このサイトの報酬額のページに
記載していますが、

私のお勧めは、

今のまま病院で理学療法士を続けること

ですので、相談は申し込まれないほうが良いと思います。

 

日本政策金融公庫から融資を引き出す正しいやり方はこちらを参照

スポンサードリンク


【注目】日本政策金融公庫から断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。

コメントは受け付けていません。