日本政策金融公庫とリスケジュールについての質問

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
factoringad
日本政策金融公庫とリスケジュールについての質問
メールいつもありがとうございます。

今回、商工会議所を通じて「マル経融資」の追加融資を申し込みましたが、現在、返済しているマル経、他銀行の融資がリ・スケジュールしているため、日本政府金融公庫の返済のみ、正常化し他銀行の返済に関しては今の条件で返済続行の返答があれば、追加融資の申し込みはとりあえず受けるとの回答を日本政府金融公庫から受け、銀行に交渉しましたが承諾は得られませんでした。

何か良策はありますでしょうか?

質問を送っていただき、ありがとうございます。

すさまじい乱文で、読み応えがありました。

閲覧者のために情報を整理すると

・日本政策金融公庫と他の金融機関から複数融資を受けている

・リスケジュールをした

※ リスケジュールとは、返済条件を途中で変更する事で
一昔前はリスケジュールをするとブラック扱いになってました。

・日本政策金融公庫には返済している(減額してるかは不明)

・他の金融機関には返済はしておらず利息だけ払っている状態

・融資が必要になって日本政策金融公庫に相談に行った

・これまで通り日本政策金融公庫にだけ返済して、他の金融機関には返済しないでいいなら
融資を考えてもいいですよ、と言われた

・他の金融機関にこれからも返済しないでいいですか?と聞いたら断られた

・どうかなりますか?

という質問です。

この話を聞いた100人中100人がこう答えるでしょう。

どうもなりません

と。

基本的に、返済が困難になった場合、リスケジュールをして
返済額をストップして、利息だけを支払う状態にするというのは
常套手段ではありました。

で、返済をストップしている間に事業を立て直し
払えるようになったら返済を始めるのというのが基本形です。

あなたの場合は、返済を日本政策金融公庫だけ正常化し、
(返済をはじめ)他の金融機関については返済を始めなかった。

 

全て問題はここに原因があります。

 

全金融機関に返済できる状態まで戻してから返済を始めないから
また資金不足になり、今の現状になっているわけです。

ですので、あなたの取りうる手段は日本政策金融公庫に
再度リスケジュールを申し込む事だけです。

 

(断られる可能性は限りなく100パーセントですが、やるしかない状態です)

 

リスケジュールというのは、さっき言った通り、事業が傾いた時の
常套手段ではありましたが

返済をとめても最終的には払わないといけないため

(基本的には最後の1年に止めてた返済分をまとめて払う必要がある)

現実的に殆どの企業では最終的に行き詰ります。

ですので、これまで私が経験した事例を通して言うと

リスケジュールを検討した時点で、その企業は失敗したもの

と判断したほうがいいと思います。

潔く失敗を認め、整理に入ったほうがいいと思ってます。

 

そこから消費者金融や事業者カードローン、ファクタリングや
少数私募債などで資金をかき集めたりしても、傷口がさらに広がるだけで
復活などできないからです。

事業をたため

としか言っていない気はしますが

周囲の人に迷惑をかけるようになる前に

決断をされたほうがいいと思います。

頑張ってください。

 

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
factoringad

フランチャイズの塾で起業したいが不安
私は塾経営を融資を500万円受けて行おうと準備しています。

塾内容はFC店でPCを使って授業を行い利益率の高い事業となります。

一番の悩みは融資のこともそうですが、集客が一番大事だと考えています。

今まで私はマネジメント・営業コンサルの仕事をしてきました。

その経験を活かし2店舗3店舗と増やしていこうと考えます。

集客の経験があると言っても不安はあります。

困るといより不安なことになりますが

・融資面
・集客面

です。

不安な点を送っていただき、ありがとうございます。

 

パソコンを使って講義を提供する塾をフランチャイズ
に加盟して始めるビジネス

というのは、一昔前にちょっと流行った起業形態です。

 

未だに、この手のビジネスを始めようと検討しているということで

ちょっと驚きました。

少しだけ努力して探せば、もっといいビジネスは山のように
見つかったはずだからです。

 

ちなみに私の事務所も、一昔前にこの手の塾ビジネスの
融資申請をけっこう手伝いました。

全部通したと記憶しています。

じゃあ、その後、塾を始められた方々がどうなったかですが

ほとんどが今ではサラリーマンをしています。

借金を抱えたサラリーマンです。

 

融資面でいうと、ちょっと不利でありますけど
十分今でも通ります。

 

ただ、集客面では厳しいと思います。

実例を通して、私も考えてみたのですが

結局のところ、

「塾長に何のスキルもないから、人間的な魅力に欠ける」

というのが大きな原因だと思います。

だから、集客がうまくいかないのではないだろうかと思っています。

パソコンにセットされたソフトが授業を行います。

 

塾長がするのはスケジュール管理と雑談です。

 

塾長のキャリアに基づいたビジョンを示せる個人学習塾

というのが流行ってますが、そういう塾に比べて

MSP(Me Selling Proposition)

を圧倒的に示しづらいのです。

 

確かに、集客(マーケティング)の勉強をいろんな教材がありますので

ほどほどしていれば、ほどほどの生徒数を抱えることはできます。

ですが、上記の原因で「売上げが爆発」することはありえないのです。

 

あとは、パソコンにセットされたソフトが授業を行うので

利益率が高く感じるかもしれないですが

けっこうな台数のパソコンを揃えていかないといけないので

初期投資がけっこうかかることを考えれば、本当の利益率には

気付けるのではないかと思います。

 

以上を参考にしていただき、頑張ってほしいと思います。

 

日本政策金融公庫から融資を引き出す正しいやり方はこちらを参照

スポンサードリンク


【注目】日本政策金融公庫から断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。

コメントは受け付けていません。