廃業の経歴があるが公的融資の審査に問題ないか?

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
factoringad
廃業の経歴があるが公的融資の審査に問題ないか?
①貯金は、40万円ほどしかありませんが、500万円の融資をお願いすることは可能でしょうか?

②廃業の経歴がありますが、問題ありませんでしょうか?
(自己破産など信用をなくすことはしていません。)
以前行っていた事情は、譲渡という形で、姉に譲渡しました。

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
factoringad

ご質問、ありがとうございます。

また、わかりやすいよう番号まで振っていただいて
ありがとうございました。

では、まず①からですが、

40万円の自己資金で500万円の融資をお願いすることは可能か?

ですが

可能です。

ただ、融資は下りないと思います。

私が事業計画書を書いたとしても下ろす自信はありません。

次に②ですね。

廃業の経歴があるが、融資に当たって問題ないか?

融資が下りる下りないの判断に当たっては問題ありません。

ただし、日本政策金融公庫は過去の事業経験や経歴を
重視しますので、

事業計画書の中できちんとそのことに触れ

廃業の原因や経緯、

今回の事業ではそのようなことは起こらない

ということをきちんと示しておかなければ
影響は出てきてしまいます。

廃業歴があったとしても日本政策金融公庫の

融資に通っている人はたくさんいます。

がんばってください。

 

営業力不足が不安
営業力不足に不安を感じています。

3次元CAD導入コンサルティングの会社を設立にあたり、これまでの私のネットワークでの仕事は見込めると考えていますが、それでは下請けの立場ですので、新規顧客を開拓しなければ、発展は望めなくなります。

先細rかもしれません。

現在新規顧客を獲得する業務ではないため、そのナレッジがありません。

業務や付き合いを通じて仲間集めや情報収集をしていますが、営業ノウハウを聞き出すのは至難の業で、大きな課題となっています。

どうしたらいいでしょうか?

ご質問ありがとうございます。

「先細r」

がかっこいいですね。

まとめると

営業ノウハウがないので、身につけるためにどうしたらいいか?

というご質問ですね。

簡単です。

たくさん教材やセミナーが売られていますので
お金を払って聞けばいいだけです。

私もかなりの額を使いましたし、
その中でよかったものについては

メールセミナーの中で紹介もしています。

今あなたがそれなりに成功をしていない限り
今のあなたが知り合える人というのは

たいした人たちではないですし、
驚くような営業ノウハウを持っているわけでも
ありません。

それであれば、きちんとしたノウハウを
持っていて、実績もきちんとある人から
教えてもらうしかないと思います。

当然、現段階では、きちんとした実績を持っていて
ノウハウを教えてくれる人がいたとしても

あなたと付き合うメリットはその人にはないですから

無料では教えてくれません。

であれば、お金を払って教えてもらえばいいだけです。

あとは、

本当に実績があるのか?

使えるノウハウか?

という点で騙されないようにだけ
気を付けておいてください。

詐欺師いっぱいいますんで。

そうして、多くの販売事例、ノウハウを
習得して、あなたが価値ある人間になれば

そのときに知り合える人からは

無料で好きなだけ情報やノウハウが集まるようになります。

いきなりこんな状態になるのはムリです。

あなたに教えるメリットはないからです。

 

日本政策金融公庫から融資を引き出す正しいやり方はこちらを参照

スポンサードリンク


【注目】日本政策金融公庫から断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。

コメントは受け付けていません。