年金未納期間と公的融資の関係

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
factoringad
人件費と売り上げについて
人材の登用方法と人件費のことで悩んでいます。
いい人材に恵まれても、年数がたつと昇給しますが
売り上げは劇的には増えません。
今のまま我慢してもらうか、投資していくのか
どちらがいいのでしょう?

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
factoringad

 

まず、大前提なのですが
売り上げは劇的に増えます。

そして、それを達成するのが我々の仕事です。

従業員の方々と我々は同じ船に乗っているわけです。

宝の島にたどり着いたときには、
これまでリスクをとって舵を切ってきた
船長である我々の取り分が多いのは当たり前です。

ただ、従業員の方も信じてついてきてくれた
訳ですから、きちんと分けてあげるべきでしょう。

要するに、売上げが上がらない
(宝の島にたどり着いていない)のなら
我慢してもらうしかありません。

それでも従業員の方のモチベーションが
下がらないようにするのも我々の仕事ですし、

より多く配れるように売り上げを上げるのも
我々の仕事だと思います。

 

年金未納期間と公的融資の関係
いつも勉強になるメールを頂き有難うございます。
公的融資を通すための条件として、税金をしっかり払わなければ
通らないとレポートにありましたが、年金未納期間があるものは
やはり難しいでしょうか?

 

このサイトで提出書類一覧を記載しましたが
年金に関する書類は含まれていません。

ですので
年金未納期間があったとしても融資には関係ありません。

 

日本政策金融公庫から融資を引き出す正しいやり方はこちらを参照

スポンサードリンク


【注目】日本政策金融公庫から断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。

コメントは受け付けていません。