夫婦のどちらが融資申請した方がいいか?という質問

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
factoringad
独自サイトを立ち上げた際の集客力が不安
お世話になっております。

現在、独立に向け大手モール(楽天、アマゾン、Yahooなど)でネット通販ビジネスを行っております。

今年秋ごろに独立し新たに独自のネット通販サイトを立ち上げて他のお店で売っていない商材を扱い販売したいと考えております。

その商材の仕入れ資金(商品開発費含む)として融資を受けたいと思っております。

一番の問題は、大手モールの集客力はさほど困らないのですが独自サイトを立ち上げた際の集客力が思う様になるかです。

独自サイトの集客方法については色々と情報を集めて勉強してはおりますが現在一番困っていることです。

 

質問ありがとうございます。

独自サイトを立ち上げた際の集客力に不安がある
という内容なのですが

一言で結論を言ってしまえば

実際にテストサイトを立ち上げて
集客の活動をやってみない限り

不安は払拭されない、ということです。

テストしない限りわからないからです。

今は何もやってないで

「できるのか、できないのか」

というように

「想像しているだけ」

の状態なので不安が出るわけです。

今は簡単にテストサイトを1日で作成できる
便利なソフトも販売されてますし、

新しいドメインを取って、サーバーにアップするところ
まで1日でできるでしょう。

PPC広告(クリック課金型のネット広告)に
出稿することも1日あればできます。

計2日あれば、売れる売れないの判断はできる
状態に持っていけますので

テストの結果が順調であれば独自サイトの立ち上げに
着手すればいいだけです。

こう言うと

「今はまだ商品が手元にないので
販売のテストサイトを作れません」

という反応が返ってくることが多いのですが

ドライテストをするか予約を取ってみるか

すればいいだけです。

一番最悪なのは

融資を受けて商品を仕入れた

販売サイトも業者に作ってもらった

広告も出稿した

でも売れない

という流れです。

借金だけが残って、今まで通りの
業務からその返済をしないといけなくなって

資金繰りが回らなくなりました

という状態になってしまうのが最悪なわけです。

特に、ネット通販は店舗ビジネスに比べて

うまくいきそうか、いかなそうか

簡単にテストができますので

それをやってみないで不安を覚えている

というのは単なるサボリだろうと思います。

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
factoringad

 

夫婦のどちらが融資申請した方がいいか?
いつも参考にしています、大変勉強になり感謝です!

カフェ創業のために準備しているのですが、現在の悩みは資金調達の他に、私を創業者にするか夫にするかを悩んでいます。

普通に考えれば夫なんですが、現在私は看護師・夫は派遣で働いています。

実際にお店を始めたら、私が仕込みやレシピを担当するのですが、私は年内は最低働きながら様子をみて退職しカフェのほうに専念するか、また兼業するかといった状況です。

夫は、6月いっぱいで退職しカフェ創業の準備にはいります。(雑貨の卸をしていたので雑貨も担当)派遣ということと、夫の通帳の預金履歴を考えると、融資を受けるのには私がよいのかと…このようなケースはあるのでしょうか。

 

質問ありがとうございます。

カフェ創業の融資を受けるに当たり
夫婦のどちらが融資の申請を出したほうが
通りやすいか?というご質問なのですが

夫婦である以上どっちでもかまわない

が結論です。

派遣であっても看護師であっても

カフェの経験がないのはどちらも一緒だからです。

通帳については、奥さんが家計を管理して
自分の通帳に貯めておくというのは
普通の夫婦ではよくあることなので

奥さん名義の自己資金の入った通帳を持って行っても
全く不自然ではありません。

ですので、どちらが創業者にするかは

経営者にふさわしい方

がいいと思います。

あと

前にも書いた気がするのですが

私はカフェで起業するのは勧めていません。

あと、これも以前に書いたと思うのですが

「最初は会社員を続けながら
軌道に乗ったら退職したい」

という願望については、それだけ安定志向なのであれば
会社員を続けたほうがいい

というのが私の意見です。

これも、以前に書いたと思うのですが
創業者が創業直後にやらないといけないハードワークは
「異常なもの」ですので

会社員をしながらやれるとは思えないのです。

アフィリエイトなどのコツコツ出来る副業であれば
お勧めしますが、カフェはさすがに止めといた方が
いいと思います。

 

日本政策金融公庫から融資を引き出す正しいやり方はこちらを参照

スポンサードリンク


【注目】日本政策金融公庫から断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。

コメントは受け付けていません。