厨房機器をリースにしても融資は大丈夫か

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
factoringad
厨房機器をリースにしても融資は大丈夫か
今回、飲食店を開業しようと思い
準備を進めています。

資金計画との関係で
厨房機器を購入でなく
リースで準備しようと思っているのですが
大丈夫でしょうか?

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
factoringad

 

質問ありがとうございます。

大丈夫の意味がわかりませんが

基本的には初期投資をなるべく抑え
手持ちの運転資金をなるべく多く残しておく
ためにリースの検討をするのはいいこと
だと思います。

リースのメリットとしては

初期投資が少なくてすむ

メンテナンスの経費が不要の場合が多い

費用を月々の経費に算入できる

などがあります。

逆に、デメリットとしては

一般的にリースは金利設定が高めにされている

契約期間中の中途解約ができないことが多い

所有権がこちらにないので担保を設定したり
法人成りの際に現物出資して資本金に入れたりも
できない

などがあります。

以上のようなメリットデメリット両方の視点から
リースを採用するか決めればいいと思います。

融資失敗後の再チャレンジで気をつけること
今回、政策公庫に創業融資の申請をしたんですが
断られてしまいました。

たぶん見せ金をしたのがいけなかったんだと思います。

また、チャレンジしようと思っているのですが
再チャレンジする場合に気をつけることなどは
ありますでしょうか?

漠然とした質問で申し訳ありません。

質問ありがとうございます。

これは一概に言える問題ではないんで
私の配布しているレポートをじっくり
読んでもらいたいところなんですが

政策公庫に関しては、断られた後での
再申し込みは可能であるとされています。

融資が通るかどうかは、当然別問題です。

通るかどうかの視点から基準をいうと

軽微な問題で融資が断られている場合には
再申請で通る可能性はありますが

重大な問題で融資が断られている場合には
再申請しても無理です。

融資の結果通知ではっきりと断られた場合には
たいてい重大な問題で断られていると思ってもらって
かまわないと思います。

ですので、一度断られてしまった場合
建前上はすぐに申し込めることになっていますが、

融資判断の土俵にまた上がれるためには
事実上、6ヶ月間は間が空いてしまうことに
なろうかと思います。

ああ

よく読んだら、断られた理由が

見せ金

でしたね。

この場合には永久に無理だと思います。

ですので制度融資など他の資金調達方法を
検討したほうが現実的だと思います。

 

日本政策金融公庫から融資を引き出す正しいやり方はこちらを参照

スポンサードリンク


【注目】日本政策金融公庫から断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。

コメントは受け付けていません。