事業資金が無くなった場合の打開策について

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
factoringad
事業資金が無くなった場合の打開策について
今事業の経営をしていますが、運転資金も足りない状態です。
別分野の仕事をしようと思っているのですが、
お金もない状態なので、なかなか思うようにいきません。

一緒に仕事をしてくれる人は声をかけ、集めているのですが
投資してくださる方はいません。

いい手がありましたら、教えてください。

(この方は、やっている事業が印刷業
始めようとしている事業が介護事業のようです)

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
factoringad

 

残念ながら、いい手はありません。

他の質問のところで書いたと思いますが、

新事業を始めるというのは

これまでの事業で利益を残して

→その利益分を突っ込んで新事業を起こす

というのが基本形です。

本業の経営状態が悪く資金繰り悪化
→別事業で立て直そうと新事業立ち上げ

の場合、かなりの博打的な要素が強く

しかも当然のことですが、

事業を立ち上げるというのは
予想していなかった出費のオンパレードに
見舞われることが多いため、

資金繰りの負担が2倍になる可能性が高いです。

完全なる茨の道なわけです。

ですから、この場合は

運転資金確保を最優先にして

次に、着手しないといけないのは
本業の立て直しです。

 

日本政策金融公庫から融資を引き出す正しいやり方はこちらを参照

スポンサードリンク


【注目】日本政策金融公庫から断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。

コメントは受け付けていません。