事業計画書の運転資金は何か月分で計上すればいいのか

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
factoringad
運転資金は何か月分で計上すればいいのか
いつも役に立つメールを送っていただき
ありがとうございます。

私は今回、新創業融資制度を使って
開業資金の融資を受けようと思い
創業計画書を書いています。

そこで質問なのですが

創業計画書に記載する運転資金は
何か月分で計上すればいいのでしょうか?

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
factoringad

 

質問ありがとうございました。

基本的な答えとしては

「業種による」

と思います。

要するに、売り上げが立ってから
現金が入ってくるまでに

あまり時間のかからない業種

代表的なものとしては、飲食業などでは

運転資金は最大でも2か月分程度です。

逆に、売り上げが立ってから
現金が入ってくるまでに

ある程度の時間がかかる業種

代表的なものでは、建設業などでは

その業態に応じて6ヵ月分程度も認められます。

返済期間を何年間にすればいいか
返済期間を何年間にすればいいかで
悩んでいます。

普通はどれくらいの期間を希望して
申請するものなのでしょうか?

質問ありがとうございます。

基本的には

設備資金については10年

運転資金については5年

というように決まっていますが

この期間の範囲内で

事業から上がってくる利益等々を考え

無理なく返済できる期間を計算して

申請すればいいと思います。

完全に個々の事案で異なります。

お勧めとしては、できるだけ長い返済期間を
設定しておいたほうがいいと思います。

 

日本政策金融公庫から融資を引き出す正しいやり方はこちらを参照

スポンサードリンク


【注目】日本政策金融公庫から断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。

コメントは受け付けていません。