サラリーマンのまま融資を受けたい

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
factoringad
サラリーマンのまま融資を受けたい
現在在職している会社とはパートナーシップを維持したまま起業する予定なのですが、条件によっては在職したまま起業しなければならないのか?

そもそも二足のわらじを履いたまま融資を受けることができるのか?など、臆病な悩みを抱えております。似たような事例がございましたら、ご教授頂ければ幸いです。

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
factoringad

基本的に二足のわらじを履いたまま
融資を受け、起業することは可能です。

例えば、大家さん業(不動産賃貸業)などが
わかりやすいと思いますが、サラリーマンをしながら
大家さんをしていて融資を受けています。

だから可能です

ただし、創業というかは別問題です。

今がどのような立場かわかりませんが
今現在、取締役などの地位にいる場合に
その立場のまま起業します、と言っても

この場合は、制度融資などでいう

創業には当たらないので創業融資は受けられません。

日本政策金融公庫は可能ですが。

ですので、あなたの今の立場と独立時の条件には
よりますが、融資を受け起業することは基本的に
可能だと思ってください。

 

返済期限を延ばしてもらうことは可能か?
店舗建て替えの資金を調達したいが、普通貸付が10年間なので、返済が(無理ではないと思うが)若干たいへんなこと。せめて15年間なら楽なのに。期限を延ばしてもらうことは絶対に不可能なのか???

質問ありがとうございます。

絶対に不可能なのか?というご質問ですが

当然この世には「絶対」という言葉はないので
絶対に不可能ではないと思います。

よほどの政治力があなたにあればですが。

おそらくそこまでの権力はお持ちでないと思いますので
それ前提で答えれば、不可能です。

普通貸付の返済期限が最大10年ということは
制度で決まっているので、交渉を頑張れば
何とかなるというものではありません。

そもそも今回の融資の目的は「店舗の建替え資金」
ということなので、

前提としてそれなりに長く経営をされてきたのだろうと思います。

ということならば公庫を利用せず、付き合いのある
銀行にプロパーで出してもらえばいいと思いますし、

それであれば返済期間は15年で十分いけると思います。

 

日本政策金融公庫から融資を引き出す正しいやり方はこちらを参照

スポンサードリンク


【注目】日本政策金融公庫から断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。

コメントは受け付けていません。