サラリーマンだが独立すべきか

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
factoringad
サラリーマンだが独立すべきか
現状、サラリーマンとして、1人で支店店舗を
やっています。

ですが、ここ何年も昇給、ボーナス無し
という状態です。

家族とともに先行きが不安で、以前から考えていた
独立をするべきか悩んでます。

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
factoringad

 

私の考えですが、せっかく1人で支店店舗を
出来ている環境にあるわけですから

その支店の売り上げを上げることに集中すれば
いいのにと思います。

自分の給料の10倍の粗利額をたたき出して
それでも給料が上がらなかった場合には、

(ブラック企業か社長が金に汚いということだと思いますので)

独立を考えればいいと思います。

せっかく会社の用意している環境で自由にやれる
わけですから、そこを修行の場としてとらえて
がんばってみるのがいいと思います。

会社の不平不満を言っているサラリーマンの方が
多い印象を最近受けますが、

給料すらもらえない人もいるということと
(これは違法なので会社が悪いですが現実問題います)

会社に対して、それほど貢献していない人が言っている
ような気がします。

だから、私の考えではありますが
一つ目安として、会社の不満を語れる基準となりそうなのが
自分の給料の10倍の粗利額を会社に対して与えている
サラリーマンかなと思っています。

 

 

フランチャイズの場合の事業計画書
いつもレポートで勉強させていただいてます。

フランチャイイズで独立しようと考えているのですが
加盟しようとしているフランチャイズが活動を始めて
間もない企業なので、事業計画書の売上高、利益など
サンプルがほとんどなく、書けません。

何かうまく書く方法はないでしょうか。

日本政策金融公庫の融資に関して言えば
フランチャイズに加盟しての独立は不利です。

事業に対する経験の少なさと
他人頼みの印象を受けるからだと思います。

当然、フランチャイズであっても通った人はいますが
相当売り上げの根拠や経費計算はリサーチをし
書き込みました。

そもそもフランチャイズ本部の出してくる
売り上げや集客実績というのはフランチャイズ加盟者を
増やすための資料という面がありますので

それ自体を金融機関は信用はしてません。

うまく事業計画を書く方法としては

すでに加盟している実店舗に実際に話を聞きに行き
その数字の平均を根拠とする方法

それがなければ、同種の(もしくは類似の)事業の
その地区での実績を根拠に推定していく書き方
の2パターンが無難だと思います。

あとは、事業計画書を通じてフランチャイズ加盟
という言葉の持つ他力本願臭をいかに消していくか
だと思います。

 

日本政策金融公庫から融資を引き出す正しいやり方はこちらを参照

スポンサードリンク


【注目】日本政策金融公庫から断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。

コメントは受け付けていません。