日本政策金融公庫から公的融資を受けるには


日本政策金融公庫や制度融資から融資を受けるために知っておかないといけない全ての知識を公開しています。


日本政策金融公庫から融資を引き出す正しい方法


必ず全てのページに目を通しておいてください。

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
factoringad

日本政策金融公庫の面談で一発逆転する方法

  お世話になってます。 メールを送っていただきありがとうございます。   創業計画書を書いてみたが 自信がないので、面談で一発逆転する方法 を教えて欲しい、ということですね。   了解しました。 では、まず、最初にこれを覚えておいてください。 &n ‥‥

新しいモデルの事業は日本政策金融公庫の融資の対象になるか?

こんにちは。 ご質問(というかお悩み)を送っていただき ありがとうございます。 ビジネスモデルとしては 提案型営業の建設業を始めたい。 それに対して融資が対象になるか?というご質問ですね。 なります。 大丈夫です。 ただし、いつも言っている通りで、 融資の対象になるかという話と融 ‥‥

購入した機材代が自己資金の代わりになるか? 【日本政策金融公庫の開業資金申請】

こんにちは。 質問を送っていただきありがとうございます。 出資先の会社に株式買取の打診をするタイミングを 知りたいということですね。 20年以上、経営者をされているということなので とても優秀な方なのだろうと推測します。 だから、ちょっと考えて欲しいのですが 「あなたが持っている ‥‥

未払い税金を払えば融資に通るのか?

質問ありがとうございます。 あと、どっかで書いたと思いますが 「挨拶」と「自分の名前を名乗る」くらいは できるようになりましょう。 で、質問をまとめると 未払い税金を払えば、自己資金40万円で400万円の融資に通るか? ということだと思います。 可能性0だとは思いませんが 限りな ‥‥

起業するタイミングはいつがいい?

  質問ありがとうございます。 いくらの融資希望額なのかがわからないので 具体的な回答はできません。 ですので、退職して起業する場合の 創業融資に関して一般的な話をさせてもらいます。 退職金を自己資金にあてて 創業融資を引き出す方はいます。 例えば 私が先日手伝った方は ‥‥

人件費の割合はどれくらいなら大丈夫なんですか?

こんにちは。 お世話になっております。 また、質問をいただきありがとうございます。 売上げの規模を拡大したいので、人を雇いたいが 人件費の割合はどの程度なら事業はうまく回るのか? というご質問ですね。 起業本などに色んな意見が書いてありますが 私が実際に世の中を見てきて、 うまく ‥‥

自己資金は無いですが、これから頑張ります

質問ではないですが、 決意のメールをいただきありがとうございました。 震災に遭われたとのことで、心より お見舞い申し上げます。 この手のメールは 年に何十件かいただく内容ではあります。 ・貯金がありません。 ・いつか起業したいと思っています。 ・頑張ります。 当然私も、 頑張って ‥‥

良い関係を保持したまま退職する方法がないものか

質問ありがとうございます。 黙っている事に罪悪感があるが、ギリギリで退職の意向を伝えたいし 良好な関係のまま退職するためのアドバイスが欲しい とのことなのですが 特に、アドバイスはありません。 今現在、罪悪感を持ちながら、日々の仕事をしている時点で 既に良好な関係ではないからです ‥‥

融資後に見積書より安く購入できた場合の処理方法

質問ありがとうございます。 まず、事業計画書の厚さについての件ですが これはメールセミナーでも触れていますが 10枚で十分すぎる場合もあるが 20枚必要な場合もある ということで、このくらいの分量が目安というものは ありません。 私が過去に書いた事業計画書の中で 一番厚かったもの ‥‥

美容室開業の事業計画書を根拠を持って具体的に書く方法

質問ありがとうございます。 まず、挨拶くらい出来たほうがいいと思います。 たぶん悪気無く、通常の友達とのメールの感覚で 送られたんだと思いますが、私は友達ではないですし これからビジネスを始めて知り合う人たちも最初は 友達ではないからです。 でも、開業希望者の中でそういう人が8割 ‥‥

スポンサードリンク


【注目】日本政策金融公庫から断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。