会社設立をしたほうが有利なのか

会社設立をしたほうが有利なのか

MENU

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
日本政策金融公庫から融資を断られたあなたへ

会社設立をしたほうが有利なのか

会社の方が融資に通りやすいと聞いたんですが・・・

 

という方がほんとに多いんで、
今日はこの話をしているんですが、

 

 

会社の方が融資に通りやすいのは

 

銀行融資です。

 

 

プロパーのほう。

 

 

日本政策金融公庫(国民生活事業)の場合、
あまり関係ありません。

 

 

一応これが答えです。

 

 

個人事業として融資を申請しても
法人として融資を申請しても、
どっちが有利だということはありません。

 

 

だから、あなたが公庫から融資を受けたいがために
会社を作ろうと考えているんであれば、
その必要はないということです。

 

 

どちらかというと、個人で申請したほうが有利かもしれないですね。

 

 

というのも、例えば、あなたの自己資金が200万円だとします。

 

個人で融資申請する場合には
このまま申請すればいいので自己資金は200万円です。

 

 

一方、会社を作って申請する場合には
行政書士などに手続きを依頼して
株式会社を作るのに大体30万円ほどかかります。

 

 

ですから、資本金170万円の会社を作って、
申請することになると思います。

 

 

新設法人の場合は、資本金の金額が自己資金と
みられますので、この場合は自己資金170万円です。

 

 

単純に会社設立にかかった費用分だけ
自己資金から差し引かれることになりますので
不利になってしまうのです。

 

 

さらにこういう話を知らずに
資本金を100万円とかにして会社設立をしてしまうと
自己資金が100万円として見られます。

 

 

手元に170万円あってもです。

 

 

もともと200万円あった自己資金が
会社設立をしたことによって
逆に少なく見られてしまう可能性があるのです。

 

 

 

ああそうでした。

 

すっかり言い忘れてましたが、

 

「会社を作りたいんで融資をして下さい」

 

と日本政策金融公庫に行ったら門前払いです。

 

 

 

政策公庫は、会社を作るための費用や資本金については
融資をしてくれません。

 

あくまで、事業をするための設備や運転資金に融資
をしてくれるだけです。

 

 

まとめると

 

・会社を作らない方が有利になる可能性が高い
・公庫は会社を作るための融資はしない

 

ということですね。

 

 

もちろん、会社を作らなければ
事業が始められないという場合もあるかと思います。

 

例えば、テナントを借りるためには法人でなければならない
という条件がついている場合もあるでしょうし、

 

商品の取引先、仕入先から法人でないと取引は始められない
という条件を出されることもあるでしょう。

 

 

その場合には、事業の開始に不可欠ですので
会社をつくればいいだけの話です。

 

 

融資を確実に受けたいがためだけに
会社を作る必要はありませんよって話ですから。

スポンサードリンク


【注目】 日本政策金融公庫から断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。