開業からうまくいっている人たちに共通している特徴とは?

開業からうまくいっている人たちに共通している特徴とは?

MENU

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
日本政策金融公庫から融資を断られたあなたへ

開業からうまくいっている人たちに共通している特徴とは?

私がこれまで見てきた中で

 

開業してから事業が順調にいっている人には
2つの特徴があります。

 

 

 

1つは

 

自分の業界、「他の業界含めて」
うまくいっているビジネスのサンプルを多く持っている

 

もう1つは

 

決断と行動のスピードが速い

 

 

という2つです。

 

 

 

1つ目の「持っているサンプルの多さ」については

 

言うまでもないでしょう。

 

うまくいっているビジネスの実例を多く知っていれば
あなたのビジネスの参考にできるだけでなく、

 

他の業界のものをそのまま最初に自分の業界に持って
くれば、パイオニアになれるからです。

 

一人勝ち状態。

 

テレビを0から発明するのは膨大な時間と開発費が
かかるでしょうが

 

売ってあるテレビを参考にして新しいテレビを
開発するのは、0から発明するのに比べて
圧倒的に楽です。

 

ビジネスモデルや課金形態、商品企画の話だけではなく

 

実際に売れたダイレクトメールの実物や

 

お店に行列を作った折り込みチラシ

 

などもこのサンプルには当然含みます。

 

0から自分の頭で考えるより、これらのサンプルを参考に
作ったほうがうまくいきやすいし、何より早いというのは実感できる
と思います。

 

もちろんですが

 

 

量が多いほうが有利

 

 

ですよね。

 

参考にできる部分がその分増えますから。

 

 

知り合いから聞いたうまくいっていそうな話を
参考にして開業するより

 

うまくいっている事例を100個参考にして

 

一番自分にあっているものを選んではじめたほうが

 

絶対うまくいきやすいと思いますよね?

 

 

 

 

2つ目もそのままですが

 

「決断と行動のスピードが速い人」

 

というのは、よくよく考えれば

 

ほかの人より多くのことができるわけですから

 

その分うまくいきやすいに決まってますよね。

 

 

 

成功確率が同じ50パーセントだったとしても

 

6つやった人は3つ成功させるし

 

同じ時間で2つしかやれなかった人は

 

1つしか成功させられないからです。

 

 

 

まあ、楽天の社訓が

 

「スピード スピード スピード」

 

なのは笑いますけど、的を得ているわけです。

 

 

 

今は時代の流れが昔に比べて強烈に速いので

 

その分、私達も判断や行動のスピードを速めなければ

 

飲み込まれておぼれちゃいますから。

 

 

彼もそこらへんは分かってるから社訓に
入れてるんだと思います。

 

 

あなたが今順調なら別にいいと思いますが

 

あんまりうまくいってないと感じているなら

 

上の2つを「指針として」取り入れてみると
いいと思います。

 

 

あなたが持っているサンプルの量

 

あなたの決断と行動の速さ

 

 

両方を増やしていけるよう仕事の時に意識してみる。

 

それだけでずいぶん変わると思います。

 

 

一番大事なことなので、ここで今一度
言っておきおきます。

 

 

サンプルの量と決断・行動の早さ

 

というのは

 

生まれつきの才能ではなく

 

努力すれば手に入るものです。

 

 

できていない以上は、言い訳はできないもの

 

だと思ってもらっていいと思います。

 

 

うまくいってなさそうなメールをもらいましたんで
参考になればと思い、今日はこの話を書きました。

 

 

融資に落ちました

 

というメールもそうなのですが

 

結構がんばって時間を作ってメールを
書いているつもりの

 

私の私のモチベが激減りしますんで

 

今後は、うまくいっていないというメールは
届かなくなればいいなと思い今回の記事は書きました。

スポンサードリンク


【注目】 日本政策金融公庫から断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。