銀行との借入交渉3つの秘訣!あなたも1,000万円借入できる

銀行との借入交渉3つの秘訣!あなたも1,000万円借入できる

MENU

銀行との借入交渉3つの秘訣!あなたも1,000万円借入できる

銀行との借入交渉3つの秘訣!あなたも1,000万円借入できる

 

はじめに

 

銀行との正しい交渉術を知り、 1,000万円の融資を勝ち取りましょう。銀行から融資を引き出すことは、決して難しくありません。重要なポイントさえ押さえておけば、誰でも「必要な融資」がスムーズに受けられます。

 

銀行から事業資金を調達されたい方は、 本記事を参考に融資を申し込んでみてください。

 

※ なお、銀行融資では資金繰りが間に合わない方、今スグ1,000万円を調達したい方は、こちらのフォームから「10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で必要な資金が調達できます。

銀行の借入交渉「成功の秘訣」は3つ!

銀行の交渉は「ハードルが高い」というイメージがあります。しかし「交渉術」さえ知っておけば、銀行融資難しくありません。

 

まず、銀行融資に「成功する秘訣」を3つ紹介しましょう。

 

銀行の借入交渉「成功の秘訣」は3つ!

@ 銀行から声を掛けてもらうように行動する
A 交渉前の準備を万全にする(書類・担保・保証人など)
B 政府系の金融機関を上手く活用する

 

@?Bについて、順に解説して行きます。

 

@ 銀行から声を掛けてもらうように行動する

 

銀行にアプローチを掛けてばかりでなく、銀行の側から「思わず声を掛けたい」企業になれるよう目指してください。銀行が融資したい企業になれば、必要な時に、必要な資金が調達できます。

 

また、銀行から融資を引き出すをためには、出来る範囲で「会社の資金繰り」を改善し、銀行との関係を良好にしておくことです。

 

今、資金繰りが苦しいのであれば、銀行以外の金融業者から融資を受けて、資金繰りを良くしましょう。解決策としては、ノンバンクから融資を受けたり、政府系金融機関を利用するなど、さまざまな方法があります(※ 政府系金融機関については、本項のBで解説します)。

 

A 交渉前の準備を万全にする(書類・担保・保証人など)

 

銀行と交渉する前に、書類や担保、保証人などの準備を万全にしておきましょう。個人向けのカードローン融資とは違って(書類の提出は)何度もやり直せるものではありません。

 

また、一部でも書類に不備があると、審査を受ける上で不利になります。書類上の金額や細かな数字はミスの無いよう、何度も計算してから書類に起こし「誰の目から見ても間違いのない」状態にしてから提出しましょう。

 

 複数で書類を確認してから、提出しよう

 

人ひとりの目で確認できることは、限られています。できれば、自分以外にも2?3人の目を通して「数字が間違っていないか」確認しておけば完璧です。

 

数字を正確に合わせておくことは、審査の流れを円滑にするだけでなく「数字に正確な経営者」として(融資をする側、審査の担当者に)印象づけるため重要なことです。

 

B 政府系の金融機関を上手く活用する

 

銀行融資が(審査難易度等の関係で)難しい場合は、先に政府系の金融機関を活用し「資金繰りを改善」しておきましょう。資金の流れをコントロールできる状態にしておけば「銀行との交渉」は、円滑に進めやすくなります。

 

実際に「やり繰りが上手」な経営者は、銀行と政府系金融機関を上手に併用し、必要な資金を調達しています。

 

 政府系の金融機関で、必要な資金を調達しておく

 

国が100%出資する「日本政策金融公庫」の融資を利用すれば、銀行や一般の金融機関よりも低利で、必要な資金が調達できます。

 

日本政策金融公庫とは?

 

国民生活事業は、地域の身近な金融機関として、小規模事業者や創業企業の皆さまへの事業資金融資のほか、お子さまの入学資金などを必要とする皆さまへの教育資金融資などを行っています。出典:日本政策金融公庫「業務の概要」

 

 

日本政策金融公庫の融資は、事業者の間で広く支持されています。その理由は、銀行融資が受けにくい方に対し、独自の基準で審査を実施しているからです。

 

政府系の融資制度と申し込み方については、以下のページ(日本政策金融公庫の公式サイト)を参照してください。

 

参考:日本政策金融公庫「融資制度一覧」

 

その他の秘訣:ビジョンを明確に持っておくこと!

 

私たちの事業目的や、今後のビジョンが曖昧なままでは、審査可決は遠のいてしまいます。まず、綿密に事業計画を立てておくことはもちろん、お金の流れを透明化し「返済能力が高い」ことを、誰の目にも分かるようにしてください。

 

また、ビジョンや会社の魅力だけで無く「説得力のある書類」を作成することが、何より重要です。

 

【メモ】融資希望額は、最初に決めておくこと!

 

銀行に向かって「いくらなら貸してくれるのか?」と質問するのはナンセンスです。

 

銀行側は「管理能力があり、返済できる力を持った企業」にだけ、融資実行します。このため「いくら借りたいのか」始めに決めた上で、行動を起こす必要があります。間違っても「目的はまだ決まっていないが、とりあえずお金を貸して欲しい」という態度を見せないことです。

 

事業計画を立てた上で「具体的金額」を割り出し、融資してもらえるよう「慎重な発言」と行動を心がけてください。

 

分からないことがあれば、資金調達のプロフェッショナルに相談しながら「審査に通る書類」を作成してください。

 

例えば、資金調達を専門にしたアドバイザーやコンサルタントに意見を仰げば、今後のビジョンをどのように打ち出すのか、効果的なアピール法や書類の作成法について、具体的にアドバイスしてくれます。

 

※ なお、資金調達のプロに、1,000万円調達できる方法を確認するには 「10秒カンタン無料診断」が便利!

 

銀行融資のメリット

 

次に、今後の手続きで参考になるよう「銀行融資のメリット」について見ておきましょう。

 

銀行融資のメリット

@ 貸し付け条件(金利・融資額)が良い
A 「銀行で借りられる」ことは、ステイタスに繋がる
B 支店の数が多いので、融資が受けやすい

 

@?Bの内容について、順に説明します。

 

@ 貸し付け条件(金利・融資額)が良い

 

銀行融資のメリットは、ノンバンクよりも「貸付条件が良い」点にあります。銀行は利息が低いため、返済の負担が少なく済むのです。

 

また銀行融資は、豊富な資金を活かし「高額融資」にも対応しています。担保を用いれば、数千万?数億円の資金調達も夢ではありません。高額融資は、設備投資や運転資金など「事業資金」として活用できるのも、大きな魅力です。

 

 銀行融資は長期利用、ノンバンクは短期利用と使い分けよう!

 

ノンバンクは、審査のハードルが低く、短期間で借り入れしやすい(=融資までの時間がスピーディー)のが魅力です。ただ、ノンバンクは利息が高いため、長期間借りるのには向いていません…。

 

長い目で、資金繰りを改善したいのならば、銀行で利息の低い融資を受け、お金の流れを安定させる必要があります。

 

【メモ】 ノンバンクで貸付条件(利息)の良いローンは無いの?

 

ノンバンクの中にも、利息や貸付条件の良いローンがあります。例えば、銀行系列(グループ会社)のローンであれば、比較的低金利で、高額な融資が受けられるのでおすすめです。

 

A 「銀行で借りられる」ことは、ステイタスに繋がる

 

銀行で融資を受けることは「会社の信用力」を高めてくれます。

 

例えば「消費者金融で100万円借りた」経営者と「銀行で100万円借りた」経営者では、後者の方が「信頼度が高い印象」を持たれるはずです。

 

銀行と消費者金融・言葉から伝わるイメージ

融資を受ける場所 借入に対する世間の印象
銀行 銀行で借りられる=「社会的に信頼されている企業」という印象で見てもらえる。
消費者金融 銀行で借入出来ない=「資金繰りに困っている」企業だと誤解されてしまう(※ 消費者金融に対する間違ったイメージは意外と根深い)。

 

ただし、大手の消費者金融は銀行との繋がりも強く、健全な取引を行っています。このため、消費者金融を上手に活用すれば、一切のリスク無く、資金繰りの改善が効果的に行えます。

 

銀行融資が難しい場合は、消費者金融の利用を積極的に検討してみてください。

 

※ なお、銀行融資以外の方法で「1,000万円調達したい」方は、こちらのフォームから「10秒カンタン無料診断」を試してみてください。

 

【補足】 なぜ、消費者金融は「危険なイメージ」を持たれたのか…?

 

「危険なイメージ」が定着してしまったのは、過去に起こった「過払い金返還請求」の増加や、貸金業法改正前に多く見られた「多重債務者の問題」が尾を引いたのでしょう。

 

B 支店の数が多いので、融資が受けやすい

 

銀行には、メガバンクからネット銀行、地方銀行など、さまざまな種類が存在します。これだけ沢山の銀行があれば、自分に合った融資が必ず見つかるはずです。また、支店数の多い銀行を利用すれば、返済や借り入れの利便性も高くなります。

 

銀行融資を受けることは、事業を円滑に進める上で欠かせないことです。会社の「信頼を高める」ためにも、銀行融資を上手に活用してみてください。

 

【メモ】 銀行からの融資が難しい場合は、信用金庫にアタックしても吉!

 

銀行融資が難しい場合は、保障付き融資にチャレンジしてみましょう。それでも難しい場合は、信用金庫で融資を申し込んでみてください。

 

“ 信用金庫は地域に根差した営業を行っているため、地元の中小企業にとっては心強い味方です。取引歴がない中小企業の借り入れ相談にも比較的好意的に応じてくれるため、銀行からの融資を受けるのが難しい場合は信用金庫との取引を視野に入れるようにするといいでしょう。”

 

また、融資ではない「確かな資金調達法」として、ファクタリングなどの方法を活用するのも賢い方法です。

 

銀行融資のデメリット

 

銀行融資には、たくさんのメリットがあります。しかし、唯一のネックは「審査のハードルが高い」という点です。

 

例えば、機能性の高い機器を見て、どんなに「素晴らしい、購入したい!」と思っても、肝心の資金力が無ければ、会社に導入することはできません…。これと同じように、会社の実績(業歴や売り上げ高)が無ければ、銀行から融資を引き出すことはできないのです。

 

銀行から直接融資を受ける「プロパー融資」というやり方は、余程大きな利益と実績がなければ、審査に通る見込みはほとんどありません…。

 

このため多くの事業主は、信用保証協会を利用した「保証付き融資」を利用します。保証付き融資の内容については、次項で詳しく解説しましょう。

 

※ なお、銀行融資や、信用保証協会以外の方法で「高額な融資」を受けたい方は「10秒カンタン無料診断」でふさわしい資金調達方法を検索しましょう!

 

保証付き融資が支持される理由

「保証付き融資」が支持される理由について、まとめてみました。

 

「保証付き融資」が支持される理由

@ 保証を付けることで、銀行側が「リスク無く」融資できる
A 多くの企業が利用しているので、参考になる事例が多い
B 個人事業主の場合は、代表者本人が借入人になるので連帯保証人の必要なし

 

@?Bについて、以下で詳しく説明します。

 

@ 保証を付けることで、銀行側が「リスク無く」融資できる

 

保証料を支払う必要はありますが、低額で利用できるため、リスク無く利用できます。また、銀行もリスク無く融資できるので(銀行と私たち)双方が得をする、メリットの大きな方法と言えます。

 

A 多くの企業が利用しているので、参考になる事例が多い

 

保証付き融資は、利用する企業が多いため「過去の事例」から傾向が掴みやすく、審査の対策が立てやすいのがポイントです。

 

B 個人事業主の場合は、代表者本人が借入人になるので連帯保証人の必要なし

 

個人事業者の場合は、本人が連帯保証人になるため、第三者に迷惑を掛ける心配がありません。

 

連帯保証人は、代表者を立てればOK!

 

保証付融資では、法人の場合は代表者のみが連帯保証人となり、個人事業主の場合は代表者自身が借入人になることから、他の連帯保証人を付ける必要はありません。

 

保証付融資は、企業が融資の返済ができなくなったら信用保証協会が企業の代わりに銀行に全額支払いをして(これを代位弁済と言います)、その後は保証協会が債権者となり企業と連帯保証人から回収を行います。

 

「銀行融資はハードルが高い」と思われがちですが、保証付き融資を申し込めば、比較的誰でもカンタンに融資が受けられます。

 

ただ、消費者金融やその他ノンバンクに比べると、審査の難易度は「やや高め」です。このため「審査が気になる」方は、ノンバンクのビジネス専用ローンや事業者ローン、ファクタリングサービスを利用することが多いです。

 

※ なお審査のハードルを無くし、今スグ高額融資を受けたい方は、こちらのフォームを「10秒カンタン無料診断」を利用してみてください。

 

「審査が通らない場合」の問題解決法

 

銀行の融資が下りなかったと言って、ガッカリする必要はありません。マイナス金利などの影響で(銀行は)審査条件をやや厳しくして「貸し倒れのリスク」を避けているのです。

 

 臨機応変に対応すれば、資金調達できる!

 

銀行融資が下りなかった場合は、方針を切り替え、ファクタリングのように「手続きが速い」資金調達法を取り入れてみてください。

 

ファクタリングなら、速くて今日、遅くとも2?3営業日内には「必要な事業資金」が調達できます。もちろん手に入った資金は、長期的資金でも、短期的な「つなぎ資金」として活用しても自由です。

 

 ファクタリングの魅力

 

「会社の借金で、首が回らない…」という方も、まずはファクタリングで資金繰りを改善してみましょう。

 

ファクタリングで、先に会社の資金繰りを解決しておけば、銀行との関係性も良くなり、短期間で「銀行から融資が受けられる企業」に成長できます。

 

事業資金の調達は、銀行融資やノンバンク融資、ファクタリングなど、複数の方法を併用することが重要です。審査が通らない場合は臨機応変に対応し、抱えている問題を一つずつ、クリアにすることが重要です。

まとめ

 

いかがでしたか? 今回は「銀行における借入交渉」のコツと、審査が通らなかった場合の問題解決法について説明しました。

 

事業資金の調達方法は「銀行融資」に限りません。日本政策金融公庫の融資や、保証付き融資、ファクタリングなど、手続きがスピーディーで便利な調達法はたくさんあります。

 

資金繰りでお困りの方は、さまざまな融資を組み合わせて、上手に活用してみてください。

 

※ なお、スピーディーに1,000万円を調達したい方は、こちらのフォームから「10秒カンタン無料診断」を行ってください。

 

合わせて読んで欲しい特集記事